Blog

普通のパーマより「エアウェーブ」のが持ちがいい理由

チェルシーに初めてお見えになるお客様の8割以上が、

「エアウェーブをかけたい」という方です。

LEVEL5パーマという、エアウェーブを使わないオリジナルのパーマシステムもあるのですが、

「チェルシーのエアウェーブならかかる」と、ご来店して頂けるのは有り難い事です。



今日は、

「何故エアウェーブならかかるのか?」

「エアウェーブが持ちがいい理由はなんなのか?」

という点に関してお話します。



「ロッドを巻いて、パーマ剤を付けて、時間をおいてから洗い流し、最後にもう一度パーマ剤を付ける」

これが、「普通のパーマ」です。

エアウェーブは、この、

「ロッドを巻いて、パーマ剤を付けて、時間をおいてから洗い流し、、、」

の後に、

「クリープとガラス化」というプロセスを入れ込みます。



そして、やはり、「最後にもう一度パーマ剤を付ける」ここは普通のパーマと一緒です。

「クリープ」というのは、「クリープ現象を起こす」というモノの略語で、

「パーマ剤を洗い流して、傷むリスクをゼロに近づけた後に(どんなに弱いパーマ剤でも時間が経つほど傷む)時間をおいて、パーマのかかりを良くする。

そして、「ガラス化」は、髪の表面にガラス状の膜を張り、髪にハリコシを出して、パーマが伸びてしまうのを防ぐ。



ちょっと難しいですが、この二つを特殊な機器を使って施術していきます。

そして、チェルシーのエアウェーブは、これに+αがあるんです。

「機器は使うけど、機器任せにしない」

そてが、チェルシーのパーマメソッドです。

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.