Blog

直毛で細い髪、パーマがすぐにとれちゃう髪の攻略法は

直毛でそれでなくてもパーマがとれやすいのに、その上

「細い髪」ってなると、

「デジタルパーマじゃなきゃかからない」ってなってきます。

でも、


「デジパでもかからなかった、、、」って声をよく聞きます。

これって何故なんでしょう?




直毛で細い髪に、とれにくいパーマってやっぱり難しいんでしょうか。


直毛にパーマがかかりにくいのは、


「髪が直毛に戻ろうとする力が強くて、パーマを伸ばしてしまう」


って事を以前にご説明しましたが、


細い髪がかかりにくい理由は、また別の部分にあるんです。



「細い髪は、太い髪に比べて、髪が曲がる為に必要な栄養分が、極端に少ない」


これが、かかりにくい理由です。


例えるなら、


筋トレして腕が太い人と、腕が細い人では、
太い人の方が、しっかり腕が曲がる(何かで腕を伸ばそうとする力に耐えられる)んです。




じゃあ細い腕(髪)をしっかり曲げて(パーマをかけて)

腕を伸ばそうとする力(ドライヤーの熱や風、髪の重み)に耐えられる様にするには?


正解は、「筋トレする」じゃないんです。髪は太くは出来ないですから。
ここは、


「ストレッチで柔軟な腕にして、曲がりやすく、外部からの力にも対応出来る様にする」


これを髪とパーマに置き換えると、






「カットで曲がりやすくなるような処置をして、髪が柔軟になる様なパーマ剤を使っていく」


っていう事になります。


これが、チェルシーの


「髪が曲がりやすくなるカット」と「LEVEL5パーマ剤」(エアウェーブにも使用)」


なんです。


2017.12.29

チェルシー 代表 栁澤 利明


HOT PEPPERでのネット予約はこちら

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.