Blog

パーマに良いシャンプー

パーマをかける前や、かけた後って、とても髪がデリケートな状態です。


特に、


「髪に必要以上の油分が残っている」と


「かける前だと、油分でパーマ剤がはじかれてしまって、かからなかった」り、


「かけた後だと、油分で髪が重くなってパーマがのびてしまう」んです。




「油分」ってトリートメントで髪に付いているって思いがちですが、


以外に一番髪に浸透しているのは、


「シャンプー剤の中の油分」なんです。




シャンプーって本来は、


「油分を落とすモノ」なので、シャンプーの中に油分が入っていなければ、洗った後に、


「キシキシする」はずです。髪の油分を取ってしまっているんで。


昔のノンシリコンシャンプーってこんな感じでしたよね、

それはそれできしんで傷むので困るんですが、、、




洗った後に、


「かなりしっとりなめらかになっている」こんなシャンプーは、油分が多く入りすぎていて、ちょっと危険です。


このタイプのシャンプーで毎日洗っていると、確実に油分の被膜が強く張られて、

パーマをかける時やかけた後に、カールウェーブの「伸び」が出てしまいます。




「洗ったときには、ほんの少し毛先にひっかかりを感じるけど、トリートメントで少し毛先がツルッとする」


こんな感じが、パーマの前後の理想のシャンプー、トリートメント、と言えます。


「しっとりし過ぎ」注意ですね。

 

2017.12.6
チェルシー 代表 柳澤 利明

 

HOT PEPPERでのネット予約はこちら

 

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.