Blog

パーマがキレイにかかるカラーリング

チェルシーにお見えのお客様で、

「毎回パーマとカラーを同時にしたいけど、傷みますか?」

という方がいらっしゃいます。


答えは、

「カラーの種類によっては大丈夫ですが、途中で他店のカラーが入ってくると微妙です」

と、これは、別に上からってわけでは無いんですが、







チェルシーのパーマメソッドの中に、

「パーマが一番キレイにかかる髪は、カラーしていない髪」


次が

「自店で、パーマをかける前提でカラーをしている方」


そして、

「他店でも、パーマをいつでもかけられる状態でカラーしている方」

となっている関係で、






どうしても、

「他店でバリバリ毎回強めのアッシュグレー」となると、

パーマ施術が難しくなってきます。


美容師さん向けに言うと、

「フルアルカリ(弱アルカリ以外の剤)で毎回既染部に、ドライ塗布して、15分以上タイムを置いていたら、オキシの%は関係無く、パーマはキレイにかからない髪になってくる」

これを意識して欲しいです。






「当分パーマはかけないからいいや」

では、なくて、

「いつパーマをかけるか分からないから慎重にいこう」

と、みんなでパーマかけられるカラー、張り切っていきたいですね!


2017.6.17
チェルシー 代表 柳澤 利明

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.