縮毛矯正毛はパーマNG、、髪質改善はパーマかけれる?



「縮毛矯正をかけているけどパーマはかけられますか?」


「以前、縮毛矯正の上からパーマをかけたけど、かからなくて、、、」


チェルシーに初めてパーマでお見えになる方から、こんなお話しをよく聞きます。


実際に「縮毛矯正の後にパーマ」って本当にかかるのでしょうか?!





【縮毛矯正をかけた後の髪の傷み】



縮毛矯正をかけた後の髪のダメージは、おおよそ金髪にブリーチした髪くらいです。


「えっ?!だってサラサラなのに、、」と思うかもしれませんが、縮毛矯正剤(ハードタイプ)とブリーチ剤の薬剤のパワーは同じくらいです。


ただ、ブリーチに比べて縮毛矯正は、仕上がりが真っ直ぐで表面にコーティングもされているので、傷んでいるようには見えないんです。




【縮毛矯正をかけた後のパーマ】


大抵の美容師はお客様に「かける事は難しい」というお話しをします(チェルシーでも同じ)


お客様は「サラサラなのに、、何故、、、」と思うかもしれませんが、ブリーチした金髪と同じダメージではかなりリスクを伴うので、施術を避けた方が賢明です。





【髪質改善の後のパーマ】


チェルシーでは、2年半前からグリオキシル酸を使用した、縮毛矯正の代わりになる髪質改善トリートメントを始めましたが、


初期に髪質改善を行って、もう縮毛矯正の髪はカットで切ってしまった方は、今パーマをかけています。


縮毛矯正では難しかったのに、髪質改善トリートメントでかけられる理由は、


「髪質改善のダメージはゼロ」だからです。


「事実は小説よりも奇なり」ですね。





〈パーマ/ デジタルパーマ/エアウェーブ/前髪パーマ/髪質改善トリートメント/酸熱トリートメント/縮毛矯正/表参道〉