縮毛矯正をかけた後のパーマって本当にかかるの?!



最近はめっきり少なくなりましたが、美容師さんにパーマの講習を行っていた時に、美容師さんから一番多い質問が、


「縮毛矯正をかけた後の髪に、どうすればパーマがキレイにかけられるか?」


という事でした、話しを詳しく聞くと、


「以前、直毛の方に縮毛矯正がかかっているのを知らずにかけたら、チリチリになった、、」


「傷むと思って、凄く弱い薬でかけてみたけど、かからなかった」


との事、やっぱり縮毛矯正をかけた後のパーマって難しいんでしょうか?!






【縮毛矯正の後にパーマがかけられない理由】


・癖毛を真っ直ぐに伸ばす為に、髪の組織を柔らかく分解する、その際に強い傷みが出る


・高温のストレートアイロンで熱をあてるので、髪の中の成分が固まってしまう。



これを例えるなら、


「汚れているハンカチをゴシゴシ洗って、その後に高温の乾燥機をかけて、最後にアイロンでシワを真っ直ぐに伸ばす」


これに近いのかもしれません。





縮毛矯正をかけた後のパーマが上手くかからないのは、シンプルに「髪が傷んでいるから」です。


傷んでいる髪には、元気なカールを付けるに為に必要な、髪の栄養分が残っていないので、しっかりしたカールやウェーブが付きません。


仮に少しかかったとしても、髪をねじりながらスタイリングしないといけないので、なかなか面倒です。





チェルシーは長い間、全国で縮毛矯正やパーマの講習をしてきましたが、どの講習会でも、


「縮毛矯正をかけた後のパーマは、お客様が想像しているパーマとのギャップが出るので避けた方いい」


「もし、かけられるとしたら、全く傷まない縮毛矯正が出てきてからでしょう。」


と、ずっと説明してきました。


この経験が、現在の【ダメージゼロで癖毛を伸ばす】髪質改善トリートメントの研究に大きな影響を与えてくれました。


物語はまだまだ続きます。







〈パーマ/ デジタルパーマ/エアウェーブ/前髪パーマ/髪質改善トリートメント/酸熱トリートメント/縮毛矯正/表参道/柏の葉キャンパス/白髪染め〉