top of page

髪質改善の後でしか出せない「グレー系のカラー」



以前、「酸熱トリートメント(髪質改善トリートメント)」の後のカラーが困難な事をお伝えしましたが、髪質改善後のカラーはデメリットばかりで無く



髪質改善トリートメントの後のカラーには「髪質改善の後にしか出せない可愛いカラー」もあります。



今、根強い人気の「グレー系のカラー」


実はこの色は、普通の状態でカラーするよりも、髪質改善トリートメントの後にした方がキレイに色が出るんです。




グレー系のカラーにするには、日本人の髪色に出やすい「赤み」を無くす事が必要です。


どのカラー剤のメーカーもこぞって「赤みを無くすカラー剤」を発売していますが、注意しないといけないのは、



「赤みを無くすカラー剤は髪が一番傷む」という事です。





「赤みを消す力が強い、傷むカラー剤を使わずにグレー系のカラーをしていく」



ここで、髪質改善トリートメントが力を発揮します。



縮毛矯正とは目的は異なるのですが、髪質改善トリートメントの最後に「ストレートアイロン

」を使うのですが、



ストレートアイロンを当てた髪は「タンパク変性」という状態になり、少し髪色にくすむみが出るんです。





この「タンパク変性のくすみ」を利用して「グレー系のカラー」を行っていきます。


「くすみ」=「グレイっぽい色」なので、強いグレー系のカラーの使わなくても、髪質改善トリートメントの後には、キレイなグレー系の色を出す事が出来ます。



しかも、髪質改善トリートメントの後にするカラーリングは、通常より傷みが半減するんです。



髪質改善トリートメント×グレー系のカラー、縮毛矯正の後のカラーの傷みでお悩みの方にはオススメのメニューです。





〈パーマ/ デジタルパーマ/エアウェーブ/前髪パーマ/髪質改善トリートメント/酸熱トリートメント/縮毛矯正/表参道/柏の葉キャンパス/白髪染め〉

Comments


bottom of page