酸熱トリートメントと普通のトリートメントどう違う?



髪質改善、髪質改善トリートメント、酸熱トリートメント、これは、ヘアのトレンドで今、どの年代でも上位に来るキーワードみたいです。


ただ、髪質改善と酸熱トリートメントって一体どこが違うのか、普通のトリートメントとどう違うのか、というのは、まだあまりはっきりしていないと言われています。


これらのトリートメントの違いってどんな点なんでしょう?





【3種類ある髪質改善トリートメント】



今、髪質改善トリートメントと呼ばれてるモノは大きく分けて、以下のの3種類になります。


1,システムトリートメントタイプの髪質改善


2,縮毛矯正系の髪質改善


3,酸熱トリートメント


そして、「普通のトリートメント」と言われているのモノは、1,のシステムトリートメントタイプの髪質改善と同じ場合が多いです。




【システムトリートメントタイプの髪質改善(普通のトリートメント)】


・数種類のトリートメント剤を重ねて付けいく事で、髪の質感を自由自在に作る事が出来ます。


持ちは2週間~1ヵ月で、クセ毛を伸ばす効果はありません。




【縮毛矯正タイプの髪質改善】


・弱酸性や中性と呼ばれる髪に優しい縮毛矯正剤を使って、トリートメントを入れ込みながら、クセ毛を伸ばしていきます。


持ちは髪のクセの強さにもよりますが、半年~1年です。たいていのクセ毛を伸ばすことができます。





【酸熱トリートメントタイプの髪質改善】


・グリオキシル酸という、完全酸性の薬剤を使って「イミン結合」「架橋作用」という化学反応を髪に施していきます(難しい表現でスイマセン、、、)


持ちは、1ヵ月半~3ヵ月で、複数回の施術でほとんどのクセ毛を伸ばす事ができます。




3つの髪質改善はそれぞれ特徴がありますが、大きく言えるのは、


「髪のクセ毛が傷まず伸びて、持ちがいい」これがトレンドです。


髪質改善の進化はまだまだ続きそうです。







〈パーマ/ デジタルパーマ/エアウェーブ/前髪パーマ/髪質改善トリートメント/酸熱トリートメント/縮毛矯正/表参道/柏の葉キャンパス/白髪染め〉