酸熱トリートメントした後は色落ちが凄いって本当?!



ダメージゼロで、縮毛矯正の様にクセ毛が伸ばせたり、毛先のダメージが治せる酸熱トリートメント(グリオキシル酸を使った髪質改善トリートメント)ですが、


最近よく言われているのが、


「施術後にカラーの色がかなり落ちてしまう、、、」


「せっかくキレイに入れたカラーが全て落ちてしまった、、、」


これって本当なんでしょうか?




実際、グリオキシル酸を使った酸熱トリートメント(髪質改善)に、色落ちは起こります。


特に「縮毛矯正の代わりに」としっかり施術した場合はこの傾向が強いんです。



「なぜ、色が落ちてしまうのか?」


これはまだ美容師さんでも理由がはっきり解ってない、と言われているのですが、


理由が解っていれば当然、防ぐ方法も見つけられます。





少し上からの発言になってしまって申し訳無いのですが、これに関して僕は、


「酸性の薬剤を使い慣れてないな」と思ってしまいます。


酸熱トリートメントを使い始める前に「酸性のパーマ剤」を使っていないと、色落ちの謎は解き明かされないのでは、と考えています。





もったいぶるタイプで無いので、はっきりお伝えしますが、


グリオキシル酸を使った酸熱トリートメントで、色が落ちる原因は、



「グリオキシル酸が、完全に酸化重合(※)していない色素を変色させている」これに尽きます。



なので、前回のカラーリングで完全に酸化重合させておけば、カラーの色落ちは無いんです。



最近、つくづく「美容の技術というモノは全てつながっているのだな」と感じています


死に物狂いでパーマを研究した成果が、思いもよらぬところで発揮出来ました。



※ 酸化重合=カラー剤を髪に定着させる反応






〈パーマ/ デジタルパーマ/エアウェーブ/前髪パーマ/髪質改善/髪質改善トリートメント/酸熱トリートメント/縮毛矯正〉