加齢による髪のうねりの悩み、年齢と共にクセ毛は強くなるの?

台風の季節だと言うのに、まだまだ湿度と暑さが続いていますね。


「湿気があると広がるクセ毛」「湿気があるとうねるくせ毛」こんな悩みがある方には、今はまだ受難の季節です、、


「クセ毛」や「うねり」というと、お客様からよく、こんなお言葉を聞きます。

「年齢を重ねてきて、若い頃よりくせ毛のうねりが強くなってきた、、」

これは本当に年齢の影響なのでしょうか。




実際にチェルシーにご来店されるお客様を見ていると、くせ毛には、3つの種類があります。

1,根元から髪が曲がって生えているくせ毛

2,もともとの髪質自体が縮れている「縮毛」

3,髪が、骨格や首筋、頭皮の形が凹凸しているのが原因でうねってしまうくせ毛


1と2は分かりますが、「3」は?って感じですよね。

「頭皮の形の凹凸が原因」って、まず、こんな形の「型」を想像してもらうと分かりやすいです。

                   ↓ ↓ ↓




これに粘土を入れたら、型の凹凸の影響で粘土は花形になります。

しかし、この型が「真っ平ら」だったら、凹凸の影響が無いので、粘土は真っ平らな形です。

これと同じで、頭皮が平らだったら髪は真っ直ぐですが、凹凸があればうねってきます。

加齢でうねりが強くなるのは、これが原因です。

年齢と共に、頭の皮膚にはたるみが出てきてます。

すると「頭蓋骨の凹凸に皮膚のたるみが重なって」、より凹凸が出てきてしまいます。


そうなると髪のうねりが強くなってしまうのです。







実は、この「凹凸の影響のクセ毛」を縮毛矯正で伸ばすのはNGなんです。

何故かと言うと、凹凸の影響でうねっているだけで、実際はくせ毛でも縮毛でも無いからです。

このくせ毛を縮毛矯正で伸ばそうとすると、大抵「真っ直ぐツンツン」か「うねりが残って伸びていない」となってしまいます。

くせ毛で無いものは縮毛矯正剤では適応しないのです。

しかも、凹凸の影響でうねっているクセは、細くて非常に繊細な髪で傷みやすいんです。






このクセ毛の対応は、少し前まで「乾かし方で伸びるので、縮毛矯正はかけなくていいですよ」と言ってきました。

縮毛矯正だと、どうしても違和感のあるストレートになってしまうので、、

今はもちろん、このうねりを髪質改善で対応しています。理由は、ブローした後の様な自然なストレートになるからです

これも髪質改善トリートメントの無限の可能性のひとつです。








〈髪質改善/髪質改善トリートメント/酸熱トリートメント/縮毛矯正〉

© 2020 CHELSEA All Rights Reserved

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトYouTubeのアイコン