top of page

デジパ、エアウェーブ、しっかりかかるのはどっち?!



髪が直毛でいつもパーマがかかりにくいお客様から、


「デジタルパーマならかかりますか?」


「エアウェーブとデジタルパーマの違いってなんですか?」


というご質問をいつも受けます。



デジタルパーマとエアウェーブ、はたしてしっかりパーマがかかるのはどちらなのでしょうか。





デジタルパーマとエアウェーブ、実は、基本的な仕組みはふたつとも同じなんです。



1、ロッドを巻く


2、髪を分解する薬剤を付ける


3、薬剤を洗い流す


4,ここから、デジタルパーマはデジタルパーマの機械に、エアウェーブはエアウェーブの機械に入れて熱を加えます。


5、髪をロッドに巻いた形に固定する薬剤を付ける







4、のデジタルパーマやエアウェーブの機械で熱を加える部分に違いがあって、


・デジタルパーマは、最低60度くらいの温度でロッドに直接熱を加えます。


・エアウェーブは、40度くらいの温風でロッドを温めます。



熱の温度が高い方がかかりはよくなるので、当然デジタルパーマの方がかかりが良く、


エアウェーブは、デジタルパーマに比べて圧倒的に熱が弱いので、かかりはデジタルパーマよりは落ちます。






しかし、薬剤で分解した髪に高温の熱を加えると、髪の中にある柔らかいタンパク質が固まってしまいます。


これを「タンパク変性」と言って、デジタルパーマをかけて3ヵ月くらい経つと、毛先が「パサパサ、ボリボリ」と傷んでくるのはこれが原因なんです。



強いかかりを取るか?傷まない方を取るか?


チェルシーでは「大きめでしっかりかかって、絶対に傷まない」これを選択しています。






〈パーマ/ デジタルパーマ/エアウェーブ/前髪パーマ/髪質改善/髪質改善トリートメント/酸熱トリートメント/縮毛矯正〉

Comments


bottom of page