top of page

スチームパーマ、デジタルパーマとエアウェーブの違い

この10年くらいは「パーマ冬の時代」と呼ばれていて、どのサロンも全体のお客様の中で、パーマをかける割合が10%を切っていましたが、


ここに来て、少しパーマのブームの兆しが出てきました。


恐らく、長く続いたカラーブームに少し陰りが見えてきたからだと思います。


カラーに飽きた、コテを巻くのが面倒になってきた、となるとパーマが気になってきます。





ひと言に「パーマ」と言っても、薬剤や機器によって異なる、色々な種類があります。



「大きめでフンワリしたパーマをかける」という目的は一緒なのですが、薬剤や機器によって、パーマのかかりや持ちは、大きく違ってくるんです。



今回は「パーマの種類」に関してお話ししていきますね。




【スチームパーマ】



普通のパーマの途中で、スチームを吹き付け、かかりを良くしながら、髪に水分を入れて潤いを出していきます。



「クリープ」とも言って、10年前くらいに美容師さんの中でブームになりました。




【デジタルパーマ】


パーマの途中で、巻き付けているロッドを温めて、かかりを良くしていきます。


薬剤にオイルが入っているモノが多いので、艶のあるカールになります。


「巻き髪」に最も適しているので、韓国ブームにも乗って流行っています。






【エアウェーブ】



スチームパーマの「クリープ」とデジタルパーマの「ロッドを温める」とおうテクニックをミックスした、ハイブリッドパーマです。



導入サロンは少ないですが、使いこなすと、外国人のクセ毛風パーマ~巻き髪パーマまで、幅広く応用する事が出来ます。





パーマの種類は「トレンドのパーマヘア」によって変化していきます。 チェルシーでも取り組んでいますが、これからは確実に「クセ毛の方をストレートにしてから、カールを付ける」というテクニックが必要になってきます。 パーマの新しい扉は、まだ開きかけたばかりです。 〈パーマ/ デジタルパーマ/エアウェーブ/前髪パーマ/根元パーマ/髪質改善トリートメント/酸熱トリートメント/縮毛矯正/ストレートパーマ/表参道〉


Commentaires


bottom of page