せっかくカラーしてもすぐに色落ちしてしまう、何故?


「仕上がった時にはキレイな色だったのに、2週間くらい経ったら、ほとんど色が落ちてしまった」


「髪色が明るいので、暗めの色をオーダーをしたけど、すぐに元に戻ってしまった」



せっかくカラーしてもこれではがっかりですよね、、、



いつもこんな状態だと、最後には「もうカラーはやめてしまおうかな」となってしまいます。


これってどうにかならないんでしょうか?





【カラーの色持ちが悪い5つの原因】



以下の様な感じになると「すぐに色落ちしてしまう髪」になってしまいます。



1、毎回のカラーで時間を置きすぎて、髪の組織が分解されてしまっている



2,髪質に対してカラー剤が強すぎて、髪色をキープ出来る組織を破壊してしまっている



3,カラー直後のサロンでのシャンプーでこすり過ぎて、色を剥がしている



4,自宅で使っているシャンプーの洗浄力が強い



5,トリートメントに入っている化学合成してる油分で、毎回髪の組織が少し分解されている






4,と5、はお客様のご自宅でのヘアケアが原因ですが、1~3はすべてサロン側、美容師さん側に責任があります。



分解されてしまったり、破壊された髪の組織には、もう色はしっかり定着してくれません。



髪の中には、パーマで髪を曲げてくれたり、カラーの色を受け止めてくれる、


「間充物質」という組織があります。



これが少ないと「カラーの色を受け止めてくれるモノが少ない」となってしまうので、

一時期に色が付いても、長く色をキープしてくれないんです。





【色持ちのいいカラー=間充物質を減らさないカラー】



こんな理由から、カラーの際には「傷ませない」というレベルでは無くて「間充物質を減らさない」ということが大切です。




・ハケで最初の場所にカラー剤を塗り始めてから、シャンプーの前のシャワーで流し始める前までで30分以上経過している



・細い髪も太い髪も、クセ毛も直毛も、同じメーカーのカラー剤を使っている



こうなるとカラーの際にどんどん色落ちしやすい髪になっていってしまいます。


髪と会話して、間充物質を減らさないで」ですね。




〈パーマ/ デジタルパーマ/エアウェーブ/前髪パーマ/髪質改善トリートメント/酸熱トリートメント/縮毛矯正/表参道/柏の葉キャンパス/明るい白髪染め〉