「バーッと乾かして終わり」チェルシーのエアウェーブ



直毛でいつもパーマがかかりにくい方や、パーマをかけてもすぐに取れてしまう方が多くご来店されているチェルシーですが。


「パーマの後のスタイリングはどうしたらいいですか?」


お客様からこんなご質問を受ける事が多いです。



皆さん、元々直毛なので、乾かした後に毛先だけカールアイロンをあてる事が多い様なのですが、パーマをかけた後は、もちろんアイロンは不要になりますが、やっぱりスタイリングは必要なのでしょうか?!





そもそもなぜスタイリングが必要かと言うと、


1,広がったり傷んでいる部分をおさめたりストレートにするのに、ストレートアイロンを使う


2,カールやウェーブを付けるのに、カールアイロンを使う


3,束感を出すのにスタイリング剤を使う


と、こんな感じです。



逆に言うと、



1、髪が元々直毛


2,パーマでカールが付いている


3,パーマで束感がある



こんな場合は、スタイリングは必要では無くなり、バーッと乾かして終わり、となるんです。




しかし、直毛の方にパーマをかけても、スタイリングが必要になる場合があります、それは、


「パーマで髪がダメージしてしまった場合」



ダメージしてしまうと、パサつきが出たり、カールウェーブと言うよりも、「クセ毛」っぽくなってしまいます(外国人のクセ毛とは違う)


こうなってくると、パサつきや必要無いうねりを抑えるのに、またアイロンでのスタイリングが必要なんです。。。



チェルシーが10年以上「ダメージの無いエアウェーブ」にこだわっているのは、こんな理由からなんです。







〈パーマ/ デジタルパーマ/エアウェーブ/前髪パーマ/髪質改善/髪質改善トリートメント/酸熱トリートメント/縮毛矯正〉