Blog

ナノプレッソPRO

今日は、チェルシーのハイテク機器に戻ります。



ナノプレッソPRO。

「加圧加熱水蒸気」とか「圧縮蒸気」とか呼ばれているスチームを出す什器です。

主に、パーマやストレートパーマ、トリートメントで使用します。

これも開発に携わった什器で、もっと言うと、この類の機器を
まだ殆どの美容師さんが使っていない頃から使用していました。


最初は、付属していたスチームのストレートアイロンを縮毛矯正用に使いたくて、
デモ機を手に入れたのですが、当時働いていたサロンの店長に、


「見た目がカッコ悪いか、サロンに置くな!」
って、言われたのを無視して、置いて使ってました。

普段は結構いい子だったと思うんですが、それ系の事は、
やり始めたら言うことを聞かなかったっぽいですね。
どうやら(笑)

それはいいとして、
ナノプレッソをテストし始めた頃は、もうスチームの機器を使い倒していて、

「もういいんじゃないかな、スチームは、、、」と思っていましたが、やり始めるとまたまたハマってしまい、
上位機種、ナノプレッソPRO
をテストしてからは、またセミナーをさせて頂けるくらいになりました。


使い始めた頃も、偶然か、必然か、今も、メインで使うのは、

パーマとストレートとトリートメントです。

「ただの蒸気じゃん」と思われがちなんですが、普通のスチームより細かく、
圧力がかかったスチームなので、水分を補給する目的より、
細かい圧力で薬剤を髪の芯の部分に浸透させる効果の方が強いです。


イメージ的には、髪に薬剤を付けて、指で揉み込んでいく作業を、
負荷を無くして水分を伴ってやっている感じです。


数少ない、髪に負担をかけずに弱い薬剤を反応させる事ができる什器なんです。

例えば、トリートメントも、上手く浸透させれば、髪に擬似的な有効成分や被膜を張る事が出来ますが、
無理にゴシゴシ擦ったり、ガリガリとかしたりしながらすると、逆に髪に負担をかけてしまいます。


基本的に熱と圧と水蒸気なので、よほど至近距離で長い時間当てない限り、髪に負担をかける事はありません。

トリートメントの浸透率は2~3割アップして、余分な油分(べと付き)が付着するのを防ぐ効果もあります。
結果、さらっとした質感が通常の2~
3割長持ちするという訳です。

次回は、パーマの効果にいってみますね。

2012.09.12
チェルシー 代表 柳澤 利明

http://www.chelsea-tokyo.com

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.