Blog

久し振りにかけるパーマが可愛くかかるコツ

久し振り(初めて)パーマをかけた時に、周りの反応と自分の満足度って、

「パーマをかけて可愛くなった」か

「ちょっとイマイチかな」のどっちかだと思います。

今日は、「ちょっとイマイチ」はさておいて、

「どうしたら可愛くパーマがかかるか?」

ブログ画像
「可愛くパーマをかけるコツ」

をいってみます。

まず、

「カットが終わった時点で、その形が似合っている」

これ大切です。ブログ画像
「カットの時点ではイマイチ似合ってなかったけど、パーマをかけたら可愛くなった」

っていう事は、残念ですが、まず無いんです。

そして、

「パーマが必要な部分を中心にかけて、デザイン的に必要でない部分は、地毛を生かす」

これって、わりと難易度が高いテクニックなんですが、

ブログ画像
パーマを付け足した方が可愛くなる部分中心にかけていって、かけると野暮ったくなる部分にはかけない。

これが出来る様になると、グッと、「可愛く出来る率」が上がるんです。

最後は、

「パーマをかける毛束の一束一束を、可愛いカールウェーブの一束にする」

カールウェーブの束も、「可愛い束」とそうでないモノがあります。

一束一束が可愛くなっていないと、全体のスタイルも当然可愛く無いんです。

ブログ画像
「カットで可愛くなっていないとパーマの仕上がりも可愛く無い」

「毛束が可愛く無いと、全体の仕上がりも可愛くない」

毎日これを考えながら、パーマスタイルを作っています。

栁澤利明

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.