Blog

いつもパーマがすぐとれてしまうのは何故?

 

「直毛でパーマをかけてもすぐにとれてしまう」

「かけたてはいいけど、一回シャンプーしたらとれていた」

「ゆるめにかけたら、スタイリングが難しかった」

パーマがとれやすい子に多いパターンです。

 

ブログ画像
 

せっかくかけたのに、これだと困っちゃいます。

かといって、

「しっかりかかって長持ちしても」

仕上がりのスタイルが可愛くなきゃ意味ありません。

これってどうしたらいいんでしょう?

可愛くて長持ちするパーマは難しいんでしょうか?

 

 

ブログ画像
 

今日は、

「お客様がスタイリング出来る範囲から、逆算してパーマをかける」

というテクニックの話し、

 

ブログ画像
 

 

「乾かしただけでキマるパーマスタイルにしたい」

 

「乾かした時に、どの位パーマが濡れている時より伸びるか計算してかかり具合を決める」

 

「乾かして伸びやすい、軟毛直毛は濡れている状態では、思ったよりしっかりかける」

「硬毛ややくせ毛は、その逆で極ゆるにかける」

 

 

ブログ画像
 

 

これでも仕上がりと持ちはだいぶ違います。

と、こんな逆算がいくつも重なって初めて、

「可愛くて、とれにくパーマ」になってくるんです。

そして、これが、チェルシーのパーマメソッドです。

 

 

 

 

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.