Blog

パーマの種類いろいろ 一番かかるのはどんなパ-マ?




「パーマがかかりにくいのは髪質のせい?」


「思ったより、弱くかかったのは、パーマ液が弱かったからなの?」


「かかりにくかったら、強いパーマ液でかければ、かかるの?」


この辺って、プロでも曖昧になってる部分ってありますが、
それではいかんです、その曖昧さ「待った!」です。




当たり前ですが、パーマのかかりを左右するのは、

「パーマ液の種類」です。


当然、「弱い薬剤はかかりが弱い」し「強い薬剤はかかりが強い」しかし実は、

「すごく弱い薬剤でもしっかりかける事は出来る」

「強い薬剤でもゆるめにかける事は出来る」



ここで大切なのは、

「その薬剤の成分は何なのか」って点。



1,同じ様なかかりなのに、Aはキレイにかかって、Bは少し傷んでいる。


2、しっかりかかったけど、Aは長持ちして、Bはすぐとれてしまった。


これは、全て、「薬剤のパワー(かかる力)は同じなのに、成分が違う。からなんです。



これ使ってホントにかかるの?」とか、


「これ使ったら傷んじゃうじゃ無いの?」とか、いう薬液を、


「薬液の質の高さ」だけを基準に選んでいきます。


「どうやっても傷む成分」と「何をやっても(よほど長く時間をおかない限り)傷まない薬液。

これは存在するんですね。
 


栁澤利明








©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.