Blog

直毛からパーマをかけた時に、違和感を感じる理由

「直毛だからペタッとしやすくてパーマをかけたい」


「直毛をコテで巻いているんだけど、もう巻きたく無いのでパーマをかけたい」


直毛、特に、「ド直毛」の子は、こんな感じでパーマをかけたくなる事が多いです。




だけど、実際、パーマをかけてみると、


「ゆるめにかけたら、すぐ取れた」


「しっかりかかったけど、なんだか、違和感がある」


困りますね、、、


これって何故なんでしょう?






今日は、直毛からパーマをかけて違和感が出る理由を5ついってみます。



一、カールの大きさが小さい(特に毛先の部分がクルッとしている)



一、かける前よりパサついている(傷んで無くてもパサッとしている)




一、顔周り、耳後ろが、他の部分と同じ感じでかかっている

(他の部分より弱く無いと、モコモコして見える)



一、カールが、「ダラッとしっかり」で無く、「グリッとしっかり」になっている

(同じ大きさのカールでも、波が高すぎるとNGです)



一、直毛とパーマの境の部分が、「自然にになだらかにつながっていない」







この辺りを注意すると、仮に初めてパーマをかける子でも、いい感じになります。


「どんな長さでも、直毛からかけて可愛いパーマ」


美容師のみんな張り切ってきましょ!


2018.05.19
チェルシー 代表 栁澤 利明

HOT PEPPERでのネット予約はこちら

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.