Blog

直毛で少し細い髪にパーマをキレイにかける方法



「かかりにくい髪だけど、一回しっかりかかったらなかなか取れない」


これは、「直毛だけど、それほど髪は細くない」こんな子


逆に、


「かかりにくい上に、しっかりかかっても、すぐに取れてしまう」


こんな髪は、「直毛で、やや細い髪」の子


この差はどこにあるんでしょうか?





直毛にパーマがかかりにくい理由は、


「人工的に形を付けても、髪は、もとの状態に戻ろうとする」


こんな髪の性質からです。


「直毛はパーマをかけても、真っ直ぐに戻ろう戻ろうとする」し、


「癖毛は縮毛矯正をかけても、うねりを出そう出そうとする」


なので、「パーマが(縮毛矯正)が取れる」って現象が起きます。




実は、これに関しての対応はわりと簡単で、


「髪質に対して適切な薬剤を選べばOK」だけなんです。


ただ、


「細い髪にパーマをキレイにかける」っていうのは、ちょっとやっかいです。




「細い髪=もともとパーマがかかってくれる部分が少ない」ので、


限界はあるんですが、その限界値を髪をダメージさせずに見つけるのが、チェルシーのパーマメソッド


「時差パーマ」「エアウェーブ」「完全ガラス化」「微変性」


この辺がポイントになってきます。


「細い髪克服パーマテクニック」いっときましょ。


2018.03.19
チェルシー 代表 栁澤 利明

HOT PEPPERでのネット予約はこちら

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.