Blog

パーマがかからない!デジタルパーマだったらかかる?

「髪が細くて直毛、いつもパーマがとれてしまう」


「しっかりかけて欲しい、って頼んでもいつもかかってない」


こんな声を聞くとサロンでは、


「じゃあデジタルパーマにしましょう」


「デジタルパーマでないとかからないですね」


「デジパだったらかかるかも」




こんな感じで言われる事が多いですが、、、


実際にかけると、


「毛先が段々硬くなって傷んだ感じになってしまった」


「思ったよりかかってなかった」


こんな事も多いんです。


これって何故なんでしょう?

やっぱりデジタルパーマでもかからないんでしょうか。




まず、

「デジタルパーマも普通のパーマも、パーマがかかる仕組みは同じ」


これを考え無いといけません。なので、


「普通のパーマでかける事が出来なかったら、デジタルパーマであってもかからない」


結局、普通のパーマのスキルが弱いと、デジパの機器や薬剤を使っても結果はイマイチなんです。




普通のパーマでは出来ないけど、デジタルパーマで出来る事は?


「髪を硬くする事」


同じ髪質に、同じ薬剤でパーマをかけた時、仕上がりの髪が少し硬くなった方が、乾いた時にパーマが残ってくれるんです。


よく言うと、髪にハリコシが出てる、悪く言うと、髪が硬くカサ付いている。


これじゃ困ります、、、




「普通のパーマでMAXかかる方法でかけて」


「パーマの伸びを防ぐのに、お客様に実感が無い程度に、ほんの少しだけ水分を取っていく」


これがチェルシーのエアウェーブの考え方です。


2018.02.16
チェルシー 代表 栁澤 利明

HOT PEPPERでのネット予約はこちら

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.