Blog

ゆるめでとれにくいパーマと、しっかり細かめのパーマ

「ゆるめのパーマ」って取れやすいイメージあります。

逆に「強めのパーマは取れにくい」

これって何故なんでしょう?


「バネ」に例えると、

「ゆるめのパーマ」=「巻きが大きいバネ」

「強めのパーマ」=「巻きが小さいバネ」

なので、



2つを同じ力で引っ張ると、


「巻きが大きいバネは、真っ直ぐに近く伸びてしまう」


「巻きが小さいバネは、伸びしきっても巻きが残る」


となります。


パーマも同じで、


「ゆるめのパーマは引っ張ると伸びやすいけど、強めのパーマは巻きが残ってくれる」


これが、「ゆるめのパーマがすぐ取れる」原因です。




ならば、です、


「バネ自体の強度を上げて、ひっぱる力に反発出来る様にする」


これをパーマでやるんです。


「髪の強度を上げる」髪の中身の成分は補充しにくいから、


「パーマをかけている時に、傷んで強度が下がらない様にする」


「髪の水分を少しだけ飛ばして、髪にほんの少しだけ硬さを付ける」




これがまさしく、チェルシーのエアウェーブのメソッドです。


「大きめ、ゆるめでも持ちのいいパーマ」


もちろん可愛いデザインで楽しんで下さいね。

2018.02.10
チェルシー 代表 栁澤 利明

HOT PEPPERでのネット予約はこちら

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.