Blog

ショートやボブに「やわらかフンワリ」なパーマ

「ショートやボブでパーマ」って難しそう。


「せっかくかけたのに、かかってるか、かかってないか、分からない」


「かかったけど、フンワリじゃなくて、なんだかしっくりこない」


こんな感じよく聞きます。


これって何故なんでしょう?





「かけたけど、かかってない」っていうのは、


太いロッドで巻いてしまって、かかってない


「かかったけど、しっくりこない」っていうのは、


毛先がクルッとしていて、モコッとしてる




スタイリング剤でしっかりスタリングすると、なんとかなるんですが、やっぱり、


「バーッと乾かして終わり」っていうのが、いいですよね。


「バーッと乾かして、ちょちょっとスタイリング剤揉み込んで終わり」


こんなのが、今っぽいです。





そうなる為の約束。


「カットで可愛くして、パーマでさらに可愛くなるパーマをかける」

「普通のロッドで巻かない、縦落ちスパイラル用のロッドで巻く」


「ゆるめでふんわりめ、だけど、しっかりかかってるってパーマにする」




そして、


「エアウェーブで空気を含ませながらかけていく」


これが、


「ショート、ボブのチェルシーのパーマメソッド」


もちろん黒髪でも可愛くなりますよ!


2018.01.18
チェルシー 代表 栁澤 利明


HOT PEPPERでのネット予約はこちら

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.