Blog

ショートボブは、ゆるふわにかける黒髪パーマが可愛い

「ショートボブにしているけど、直毛なので一回パーマをかけてみたい」


「黒髪のボブで重すぎるので、パーマでふんわりさせてみたい」


こんな子多いです、けど、実際は、、、


「似合うかどうか不安」「かけてみる勇気が無い」


「かけたけどすぐにとれてしまった、、」


って事になっちゃってます。




これってどうにかならないんでしょうか?


何故、黒髪ショートボブのパーマは上手くいかないんでしょうか?


まず、いちばん間違えやすいのが、

「重さをとる・軽くする=カットで削いで薄くする」


って部分です。




カットで削いで厚みを取ると、


「パーマがとれやすい」「かかってもバサッとした硬い髪になる」


こんな感じになってしまいます。




パーマがとれちゃう


のは、まだしも、かかりあがりでボリュームが出たとして、カットで削いで薄くしようとすると、


「なおさらバサッとなって、逆に膨らんでしまう」


これだったら、思いカットのまま、


「少しだけカラーで明るくして、軽さと抜け感を出す」

この方がいいです、けど、黒髪にこだわるなら(そっちの方が今はおしゃれ)





「削ぎを最小限に抑えて、抜け感だけのカットをして」


「大きめのカールを、髪の中間部中心にランダムに付ける」


「顔周りのポイントを中心に、全体に均一にかけない」


これで、バッチリ可愛くなります。


「黒髪パーマ最強説」間違いありません。

2018.01.04
チェルシー 代表 栁澤 利明


HOT PEPPERでのネット予約はこちら

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.