Blog

アッシュグレーの髪色が明るく色落ちしないテクニック

「ブリーチしていなのに、色落ちしたらキンキンに明るくなってしまった」


「染めたては、暗めのアッシュグレーだったのに、段々明るくなってきて、グレーっぽさが消えてしまった」


こんな感じで悩んでる子多いです。





そもそも、


「ブリーチ無しの深めのアッシュグレー」


の色持ちってどのくらいなんでしょう?


シャンプーやトリートメントでも持ちは変わるんでしょうか?


何も工夫せずに、ごく普通のカラーの方法で、アッシュグレーにした時の色持ちは、

毎日シャンプーしたとして、


「2週間くらい」です。




2週間経っても、若干はアッシュやグレーは残るんですが、


「言われれば、なんとなく、、」って程度で、そこからどんどん色は落ちていきます。


これを防ぐには、


「カラーリングをしない」か、「2週間以上色持ちするカラーをする」


これしかありません。




「2週間以上色持ちするカラー」にするには、


「一回のカラーでは限界がある」といえます。そして、


「ダメージしないように、色を何回か重ねていく」これがベストです。




「ブリーチ~カラーリング」というWカラープロセスを、あえて、ブリーチしなくても、


「パワー弱カラーリング~パワー弱弱カラーリング」

に置き換えてしていく、


これが、


チェルシーの修復Wカラーなんです。


2018.01.03

チェルシー 代表 栁澤 利明


HOT PEPPERでのネット予約はこちら

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.