Blog

普通のパーマでかからない髪でも、デジパならかかる?

「パーマがすぐにとれてしまう」


「濡れているとなんとなくウェーブがあるけど、乾くとすっかりストレートになってしまう」


チェルシーにパーマをかけに来る方に多い悩みです。


「デジパじゃなきゃかからない」


「デジパだったらかかる」




そう言われてきた方も多いですが、それでも、


「結局とれてしまった」「髪が硬くなってしまった」


これって何故なんでしょう?




普通のパーマは、「薬剤の力」だけでかけます。


デジパは、「薬剤の力+熱で髪を硬くする力」でかけます。


細くて柔らかい髪を、「熱で少し硬くする」と、硬くなった分、ウェーブはしっかりしてきます。


パンを焼くときに、生地の状態より焼いた後の方が形が崩れないのと一緒です。




普通のパーマは、「薬剤の力」だけでかけます。


デジパは、「薬剤の力+熱で髪を硬くする力」でかけます。


細くて柔らかい髪を、「熱で少し硬くする」と、硬くなった分、ウェーブはしっかりしてきます。


パンを焼くときに、生地の状態より焼いた後の方が形が崩れないのと一緒です。




「焼けば焼くほど(熱で髪を硬くすればするほど)形はしっかり固定されますが、

その前の段階の生地をしっかり作れていなければ、形も味もいいパンは作れない」


って事なんです。


デリケートな生地作り(薬剤の力でかける)の職人になりましょうね~



2017.12.20
チェルシー 代表 栁澤 利明


HOT PEPPERでのネット予約はこちら

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.