Blog

パーマをかけた後に「ブラシ」ってNGですか?

パーマを初めて(久し振り)にかけた後に、一番悩むのは、


「上手くスタイリングできるかな?」


「どんなスタイリングをしたらいいのかな?」


ってとこだと思います。




チェルシーでは、


「シャンプーの後、オイルかミルクを付けて、バーッと乾かして、毛先を濡らすかミルク付けて終わり」


と、逆に、これだけで出来るスタイルを逆に作っていますが、


例えば、

「乾かした後に、ブラシって使っていいの?」


とか





「前に、手ぐしくらいにして、と言われたので、そうしていたら、バサバサに見えてしまった」


等々、細かい点が何かと気になります。


サロンによって色々な考え方があると思いますが、


基本的には、パーマをかけた後は、」


「何をやってもOK」って状態じゃなきゃ困ります(さすがに逆毛立てるとかは困りますが、、、)




ブラシでとかしても、日によってストレートアイロンでストレートに伸ばしても、寝癖の上からムースを付けても、


「基本的にはOKです」


こうしていくことで、「キマらない、セットが大変」なパーマは、


「カットで剥き過ぎ(まとまってない)」


「パーマでダメージしてしまった(もしくはかける前からダメージしていた)」




のどちらかです。


ただ、「何もやってもOKなパーマ」には、それまでのカラーでダメージが進んでないのと、かなり精度の高いパーマ技術が求められます。


「1日では成らず」ですね。


2017.11.08
チェルシー 代表 柳澤 利明


HOT PEPPERでのネット予約はこちら

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.