Blog

今どきの「縦落ちパーマ」と昔の「すそ広がりなパーマ」

「久し振りに(初めて)パーマをかけたけど、なんだかしっくりこない」

「全体にゆるめでしっかりかかっているんだけど、イマイチ、、、」


これって、何が原因なんでしょう?


パーマって、

「全体の雰囲気が重要」





これを具体的に言うと、

「全体のフォルム」     「全体の質感」


これらが大事って事になります。


「全体の質感」はなるべく柔らかな質感を目指すといいと思います。


しかし、

「フォルム」これは、多種多様なので、

何が「しっくりこない」のか、

何が「似合ってないのか」って分かりにくいんですよね。





でも、今っぽくするには、

「縦落ち」「I(アイ)ライン」


ここは抑えなきゃです。

「すそ広がり」「Aライン」になっちゃダメです。





縦落ち、Iラインにするポイントは?


「レイヤーの入れ方」「セニングの入れ方」

チェルシーでは、これを、「髪が曲がりやすくなるカット」って呼んでます。


そして、

「円錐ロングロッドの使い方」


これは、「外国人のくせ毛風パーマ専用ロッド」


この辺しっかり、みんなで勉強してきましょ。


2017.7.2
チェルシー 代表 柳澤 利明

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.