Blog

どうしてもカラーの色持ちが悪いのなら

どうしてもカラーの色持ちが悪いのなら

「かなり暗めにカラーを入れる」


これだけじゃイマイチです。


暗めにしても、

「ただ、暗く見えるだけ」


ブラウンを入れなかったら、

「どっちにしても、また色落ちしてしまう」



ブラウンを入れたら、

「色は持つけど、落ちたらただの茶色」


これってどうしたらいいかな。


色が持たない原因は、

「髪に色を持たせる体力が残っていないから」




色が落ちる原因は、

「シャンプー」(プールや海もある)


濃いめのアッシュグレーが長持ちしない理由は、

「染料が髪に馴染んで無いから」


この辺が分かると、カラーを凄くシンプルに考える事が出来ます。


「髪が向かう方向に逆らわない」


「髪が持っていない色素を無理に入れ込まない」


「髪の繊維をケミカルな洗浄成分にさらさない」





これが、

「髪と会話する」って事


流れに逆らわず、流れに合わせて、肩の力が抜けたヘア、作ってきましょ。


2017.6.20
チェルシー 代表 柳澤 利明

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.