Blog

デジパで無くてもツヤツヤのパーマ

オープン当初は、「8割デジパ」だったチェルシーですが、

今では、「9割エアウェーブ」になっています。


その理由は、シンプルに、

「かからない失敗が少ない」

「ダメージするリスクが少ない」


これに尽きるんです。






あと、デジパをやっていた時は、

「ツヤツヤな巻き髪カール」がトレンドだったので、

デジパ薬剤の油分と、熱変性(熱タンパク質が変化)が、それに凄くマッチしていて、


「アイロンで巻いた様な、まとまった太い毛束でなおかつ艶がある」

こんなカールを目指していたし、実際にかけていました。


今は、

「外国人のくせ毛の様な、太さの違うランダムな毛束が、絡み合って動く」

こんなカールを心がけています。



しかし、

「髪にとって艶はマスト」


なんです。なので、


「一本一本の毛束にはしっかり艶がある」

ここが重要です。


もちろんここがクリアになると、

「巻く毛束の太さを太くすれば、デジパの様なカールも出せる」

という事が可能になります。


今、取り組んでるのは実はこれなんです。






いろんな世代に対応出来るエアウェーブ


そして、

「エアウェーブの機器が無くても、普通のパーマでその仕上がりになるテクニック」


楽しみにしてて下さいね、


2017.6.18
チェルシー 代表 柳澤 利明

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.