Blog

細くて柔らかい髪へのパーマって難しいよね

「ど直毛の髪にパーマをキレイにしっかりかける」


これだけでも難しいのに、さらに、

「ど直毛で、細くて柔らかい髪」となると、

「どうやっても、パーマがすぐ取れてしまう」


これは、お客様だけで無く、美容師さんからよく聞く悩みです。
(ちなみに美容師さんからの質問で一番多いのは、「縮毛矯正へパーマをかける方法」)


これって、どうにかならないんでしょうか?





まず、ど直毛で、細くて柔らかい髪にパーマがかかりにくい理由をひとつづつ、


ど直毛

=髪が直毛に戻ろうとする性質を持っている(特に濡れている状態から乾くまでの間に)


細い髪

=髪の中にある「パーマがかかる部分」が細くて痩せている為に少ない


柔らかい髪

=髪が長い場合、髪の重さで毛先が下に引っ張られた状態になった時に、柔らかいので耐えられず、パーマが伸びてしまう


といった感じになっています。






では、どうしたらいいか?


これもひとつづつ


ど直毛

=濡れている状態から乾くと伸びるので、濡れている状態でMAX強めにかけておく(伸びを計算して伸びたときジャストになる様に)





細い髪

=髪の中全ての部分に薬剤が作用する様に(作用漏れがあると、ただでさえ作用する部分が少ないので、かからない)やや強めの薬剤(表面が荒れないタイプ)を使用する


柔らかい髪

=熱(デジパ、エアウェーブ)を使って、「お客様が違和感を感じない程度」髪を硬く仕上げる


「知ってるのと、知らないのでは大違い」

みんな、張り切ってきましょ。


2017.6.9
チェルシー 代表 柳澤 利明

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.