Blog

スタイリングしやすくて似合いやすい頬から下パーマ

パーマをかけても、なかなかいい感じにならない方は、

「すぐに取れてしまった」

「自分で上手くスタイリング出来なくて、パーマが伸びてしまう」

「あまり似合っていなかった、ストレートのままの方が、、、」

「パーマはゆるめで良かったけど、上からかけたら、全体に広がってしまった」


こんな理由が多いです。





髪質を正確に把握して、適正な、「ややしっかりめ」のパーマ剤を使えば、

「すぐ取れる、自分でスタイリングすると伸びるパーマ」

というのは、かなりの確立で防げます。


しかし、

「似合っていなかった、広がった」

というのは、デザインの問題で、

カットと巻き方で対応するしかありません。





それには、

「地毛を(根元のストレートの髪を)生かす為に、頬から上にはかけない(頬から上が根元の部分)


そして

「根元のストレートにはちゃんと馴染む(つながりがスムーズ)けど、髪の中間部はしっかり大きくパーマがかかっている」


こうなっていないといけません





パーマは、細かくて精密でデザインが素敵な、「模型」を作っている様なものですから、

美容師のみんな

「繊細なカールコントロール」で、可愛く作ってきましょ。


2017.6.3
チェルシー 代表 柳澤 利明

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.