Blog

パーマを取れにくくするロッドの巻き方の話

いつもこのブログで、

「パーマがかかりにくくて、取れやすいのは、薬剤がしっかり髪に浸透していないから」

とお伝えしていますが、


その他に、

「ロッドの巻き方で、かかりを良くしたり、取れにくくする」

こんな方法もあるんです。





通常、ロッドを巻く時には、

「毛先から巻き込んで、希望の位置に巻き収める」


こんな感じで巻いてきます。


これを進化させて、

「中間から巻き込んで、希望の位置より上に巻き収める」

という、テクニックを使うんです。


仕上がりに、どう差が出るかと、

「毛先から巻き込む方は、髪の重さで一番パーマが伸びやすい中間部が、時間が経つにつれて弱くなる」





そして、

「中間から巻き込み方は、中間部が強くかかるので、重さで伸びても、パーマが残ってくれる」

となるんです。


そして、

「希望の位置より上に巻き収めて、途中で、希望の位置に下げていく」





このテクニックを使う事で、

「少しだけ、上の方からかける事ができる」んです。


パーマはかける位置が上であればあるほど、持ちがいいので、これもかなり有効です。


「中間巻きの、巻き収めオーバーラップ」


このテクニックでキメてきましょう!


2017.6.2
チェルシー 代表 柳澤 利明

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.