Blog

1週間で取れてしまうパーマと2ヶ月半持つパーマ

チェルシーにパーマをかけに初めてお見えのお客様のほとんどが、

「パーマがかかりにくくて、取れやすい」

「かかってもすぐ取れてしまう」

「1週間で取れてしまう」

「サロン帰りには、もう取れている、、、」

という悩みを持った方です。






直毛でかかりにくい髪でも、慎重に対応すれば、

「2ヶ月~3ヶ月持つパーマをかける事が可能です」


この差って、どこにあるんでしょうか?


「1週間で取れてしまうパーマ」

は、パーマをかける時に、「薬剤が表面にしか効いてない」


逆に、

「2ヶ月半持つパーマ」

は、パーマをかける時に、「薬剤が内部にしっかり作用している」


大きくは、この違いなんです。






ただ、

「薬剤が内部にしっかり作用させる」と傷むリスクがあります。


逆に、

「薬剤が表面にしか効いてない」これだと、ほぼ傷むリスクはゼロです。






ここが落とし穴です!


正確な薬剤の知識を付けて、美容師のみんな

しっかり薬剤を作用させて、攻めていきましょう!


2017.6.1
チェルシー 代表 柳澤 利明

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.