Blog

コテで巻くのがいいのか、パーマをかけた方がいいのか

最近、だいぶ、

コテで巻く人が少なくなってきました、


「毛先ワンカール」くらい巻いている子は多いんですが、

「いい感じのゆるめの巻き」はやっぱり難しいのか、少数派です。


少し前の、

「ガッチリギャル巻き」の方が、巻きやすかったんだと思います。


トレンドも、「チカラ入って無い感」なので、それも巻く人が減っている要因だと思います。



巻く人が減ってくると、断然、

「パーマをかけたい!」となりますが、

実際にパーマをかけている子もそんなに多く無いんです。


コテで巻くより、スタイリングは全然楽だし、毎日巻くより傷みも無い、


なのに、何故パーマをかけないんでしょうか?



大きな理由が2つあって、

ひとつは、「コテで巻いた時に出る艶が、パーマでは出ない」

(コテで巻くと、高温の熱で地毛よりも断然艶が出る)


もうひとつは、「パーマはすぐに取れてしまう」

(しかし、これは、「取れないパーマをかける」事で解決出来る)





という事は、

「高温の熱を加えて、傷むけどしっかり艶があるスタイルにする」か

「髪を傷めないで、艶は乾かす前のオイルで出すスタイルにする」か

のどちらを選ぶか、という問題になりますね。


「パーマスタイルの効果的なオイルの使い方」

みんなで極めてきましょ。

2017.5.28
チェルシー 代表 柳澤 利明

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.