Blog

ゆるふわパーマを長持ちさせる乾かし方やセット方法は

久し振りだったり初めてパーマをかける場合でも可愛くなりやすい「ゆるふわパーマ」

「美容室でセットしたもらった時には可愛くかかっていたけど、家で自分でシャンプーしてセットしたら、もうとれていた、、、」こんな話しも良く聞きますが、これって何故なんでしょう?



「ゆるふわパーマを長持ちさせる秘訣はカットにある」

「パーマがすぐとれちゃったから、かけ直ししたけど、またかかってない、、」

こんな事ってよくありますが、かかりにくい髪質の子ってパーマだけ頑張っても、上手くはかからないんです。

パーマがちゃんとかかるか、長持ちするかって、実はパーマのかけ方じゃなくて、カットの方法にあるんです。



「レイヤー無し」じゃかからない」

今のトレンドのパーマデザインって、ほとんどが、「レイヤーが入っていないワンレン」ですが、

レイヤーが全く入っていないとパーマはあまりかかりません、なぜなら。

「日本人の髪は多いので、全くレイヤーが入っていないと髪が重すぎて、大きめでゆるふわなパーマはかからない」

ゆるふわパーマって「髪の表面の短い動く毛にパーマをかけて、更に髪が揺れ動く様にする」

これが鉄則なので、少しだけ、「細かいレイヤーの毛束」を入れてきます。



「削ぎ過ぎてると「かかるけど傷んで乾くとパーマが伸びる」

ワンレンじゃ重くてパーマがかからないからレイヤーを入れる、ここまではいいんですが、更に、

「もっと軽くするのに髪を多めに削いでいく」と、これが一番危険なカットです。

「軽くする」=「髪を削ぐ」 っていうのは間違えで、

「軽くする」=「頭が動いて髪が揺れてた時に、髪に抜け感があって軽く見えるカットをする」

これが正解です。



「髪を削ぐ」んじゃなくて、「髪が曲がりやすくなるカット」をする

「削ぐと髪が傷んで、乾くとパーマが伸びる」これは、ゆるふわなパーマをかけるのに大敵です。

なので、「削がずに、髪が曲がりやすくなる加工をしていく」

これは、カットというより、「髪のところどころに曲がりやすくなる処置をしていく」という、ちょっと特殊なテクニックです。

これをする事によって、その後に凄くゆるめなパーマをかけたとしても、しっかり大きめに曲がってくれます。

そしてこれがチェルシーのパーマがかかる秘密なんです。

直毛でパーマがすぐとれちゃう子に「外国人風な質感」


「外国人のくせ毛の様な質感をパーマで出せたら」


これって、日本人の憧れですよね。パーマの進化の歴史はこのテーマに沿って作られた、っていってもいいくらいです。






外国人のくせ毛風パーマに必要なテイストは?


1、MAX大きめゆるめなウェーブ

2、毛先がクルッとしていなくて、髪の中間部がしっかりうねってる

3、ほつれながら、揺れ動く毛束

4、空気を含んだ様な抜け感

5、バーッと乾かして終わりなスタイリング







ですが、これって、


「すぐとれちゃいそう」

「ボサっと、バサっと見えそう」

「ホントにスタイリングが簡単なの?」


って部分が不安になります。






確かに、


「普通のロッドで、普通のパーマ剤を使って、普通のかけ方だと難しい」


「普通のパーマ」って、80年代のパーマブームの時に開発されたテクニックだから、、、


「今っぽい外国人風な質感」は「今のパーマテクニック」じゃなきゃ再現出来ないから。


だから、





「外国人のくせ毛風パーマ専用ロッド」や「髪が曲がりやすくなるカット」


そして、


「髪の中間部を中心に曲げるパーマ」「エアウェーブ」


が必要。


チェルシーの進化は続きます。

VIRGIL ABLOH

こんにちは北浦です。

セールも終わり本格的に秋冬物が店頭に並ぶようになりました。

来シーズン(春夏)のファッション業界は話題だらけですね。


一番の大目玉はこの人



かっこいい

off-white、そして新生LoisVuittonのクリエイティブデザイナーのVIRGIL ABLOH

アメリカ出身のヴァージルは大学院で建築学を学び、後に音楽プロデューサーのカニエ・ウエストと出会い彼の元でクリエイティブディレクターとして数々の作品を手がけました。

そして2013年にoff-whiteを立ち上げ


今年2018年にLoisVuittonjメンズアーティスティックデザイナーに就任しました。


すごい経歴、、


自分のブランドの立ち上げから5年でヴィトンのデザイナーとか、、

なんとなくすごいのは伝わったと思います。






これが少し前に行われたヴァージルによるルイヴィトンデビューコレクションです。



「youth always wins」


若者がすべて


これが彼のスローガンです。


いつ何時も昔や未来でなく今のユースが彼の中心です。

ストリートカルチャーの代表であるスケーター、ラッパー、アーティスト。

これらがヴァージルのクリエイションには不可欠です。



モードでもストリートでもないなんだか新しいジャンルな気さえもしてきます。






見ているだけでワクワクするような

次のシーズンもたのしみで

どんな新しい物がみれるのかと


楽しみを与えてくれるそんなブランドです。


北浦でした

 

 

 

北浦慎也

黒髪のパーマが可愛い 小顔に見える理由は?

今って、カラーしてるより、黒髪の方が可愛い場合ってありますよね。


カラーって、染めたてはキレイでも、すぐに色落ちしちゃうのが、みんな悩み。


それなら、黒髪のままで、カラーしないで、ヘアスタイルだけで可愛くしたら、っていうお話です。





黒髪で可愛く見せるには、


「ロングかミディアムがベスト」


ロングはちょっと、おとなしいイメージになるから、今日は、ミディアムで。


なんで、黒髪はミディアムが可愛いかって言うと、


「ミディアムは肩に当たって、髪が色んな方向に揺れ動いてくれるから」






ただ、これって、ひとつ間違えると、


「ハネてるだけ、、、」


だから、パーマが必要になってくるんです。


黒髪の重さはミディアムの長さで軽く見せて、


スタイリングのしやすくする為に、パーマをかけていく。




この時の、パーマって、


「しっかりうねうねしてちゃダメ」


何故かというと、


「軽く見せたカットが、うねうねのボリュームで、台無しになってしまうから」





更に、「パーマで輪郭を引き締める部分を作る」


これをすると、カットで小顔に見せてるだけじゃ出ない、小顔効果が出るんです。


黒髪、ミディアム、パーマ、


チェルシーのメインデザインでもあります。

 

栁澤利明

「パーマがすぐとれる」これって何故なの?

毎日サロンワークをしていて、多くの新規のお客様にスタッフと対応させてもらっていますが、


「いつもパーマがすぐ取れてしまう」


「せっかく長い時間かけてかけたのに、翌日にはもうのびてしまっていた」


「帰り道でもうのびはじめてて、家に着いたら、ほとんど取れていた」





以前パーマをかけた時に、っていうお話なんですが、結構身につまされるのが実際のところで、、、


業界に長く居て、パーマでセミナーや雑誌までやらせて頂いているので、全体的に何とかしなきゃな、といつも思っています。


オープン当初からパーマデザインを打ち出していたので、現在に至るまで、初めてお見えになる方のほとんどが


「ここならかかるって思って」とご来店してもらっていて、




いつしか、


「かからない、とれやすい子の駆け込み寺」的なサロンにチェルシーはなっています。


本題の、


「何故、いつもパーマがすぐ取れてしまうのか」という点ですが、



一番は、


「パーマ剤が髪に浸透していない(させていない)状態でパーマの工程を進めて、終えてしまっている」


という部分が大きいです。


「髪の深部にちゃんとパーマ剤が浸透していない」


これは、一瞬かかっても、すぐ取れてしまいます。




ただ、お客様は、



「私の髪はかかりにくい髪質だから、髪の深部にしっかりパーマ剤を浸透させてかけて欲しい」って言えません。


だから、


「もうウンザリ」ってくらい、いまざまな髪質にパーマ剤を浸透させて反応をチェックするトレーニングをして下さい。


「髪と会話する」ってトレーニングを。

 

 

栁澤利明

暗めアッシュグレージュを長持ちさせたい」そんな時

「暗めのアッシュグレージュにしたのに、すぐに色落ちしてしまった、、、」


「いつも暗めにカラーしているのに、2週間くらい経つとキンキンに明るくなってしまう」

これってなぜ?



なんで、暗めにしているのに、明るくなってしまうんでしょう?


暗めのカラーにするとき、たいていは、

「明るく色落ちしている状態」に色を入れていきます。


普通に考えると、

「もうすでに明るいので、色だけ入れればOK」ってなりますが、




「仕上がりの色ムラを防ぐ為に、暗くするのでも、若干は脱色する事になる」

これが、色持ちが悪くなる原因なんです。


明るく色落ちしている髪って、

「毛先の方が、他の部分より明るくなっているし、均一に明るくなっているわけではない」




例えば、クレヨンで色をつける前の画用紙が、真っ白じゃなくて、

「白い部分もあれば、黄色く濁った白の部分もある」って状態で、


これに、グレーのクレヨンで色を付けても、画用紙は、

「均一なグレーにはならない」これと同じです。


なので、全体に白の画用紙にする為に、一回、

「黄色く濁った色を、白に戻す」この必要があります。





これが、髪の場合は、


「色ムラがある部分を軽く脱色して、全体にもう少しだけ明るくしていく」

となってしまいます。


こうならない為に、


あらかじめ、別の方法で明るく色落ちする部分を極限まで均一にしておく、


そして、色ムラになりにくい色をチョイスして入れる。


そうすると、ほとんど脱色しなくてもカラーする事が出来て、時間が経っても色落ちが少ない。

これが、チェルシーの「修復Wカラー」です。

 

 

栁澤利明

直毛、どうしてもかからない髪へゆるめパーマをかける

「直毛なのでパーマがかかりにくい」

「友達でパーマをかけている子はキレイにかかっていて、長持ちしているのに、、、」


これって何故なんでしょう?


やっぱり、ど直毛で、パーマがかかりにくい髪質の子に、


「大きめゆるめ、しっかりかかって、取れにくいパーマ」


って難しいんでしょうか?



直毛には、


「コテやパーマで、髪を曲げても、時間が経つと、真っ直ぐに戻ろうとする性質がある」


コテで巻いても、すぐに取れてしまったり、

かけたパーマが、すぐに取れてしまうのは、これが原因です。


この性質を変えない限りは、


「どんなにしっかりカールウェーブを付けても、取れやすい事に変わりは無い」んです。




ならば、「真っ直ぐに戻ろうとする性質を変えてしまえばいい」


これがかなり有効ですが、こんな事って可能でしょうか?


髪自体の性質を変えることは難しいんですが、


「直毛に戻ろうとしたときに、それをSTOPさせる」


これは出来るんです。



それが、


「クリープとガラス化」

クリープはコシの無い直毛に粘り、弾力を付ける技術、


ガラス化は、髪が濡れている状態から乾くときに、カールウェーブを伸びにくくする技術、




このふたつをパーマの際にすることで、


「かかりにくくて取れやすい髪質」にも、しっかりしたパーマをかけるとが出来るんです


そして、このふたつの技術をする為の機器、それが

「エアウェーブ」なんです

 

 

栁澤利明

セミロングのパーマが可愛い」その理由

チェルシーに初めてパーマをかけにお見えになるお客様のほとんどが、


「ミディアム~セミロングの長さの直毛」です。


サロンのヘアカタログにも、この長さが一番多いからだと思いますが、


オープン以来、ずっと、


「ミディアム~セミロングのパーマスタイルにこだわっています」






なぜなら、


日本人の10代~20代の子が、パーマで一番可愛くなれるのが、


「ミディアム~セミロング」だからです。


その理由をいくつかあげてみました。





一、ショートやボブは似合う子が限られるし、ロングは身長とのバランスが関係してくる、その間の長さは、似合わせやすい



一、仮に髪がダメージしていたとしても、長さが長く無い分、それほどのダメージで無いので、パーマが綺麗にかかる





一、顔にかかるカール、首元を引き締めるカール、前髪の作り方で、小顔に見せたり、スタイルを良く見せる事が可能



一、「抜け感」「透け感」「フワッと感」が一番出しやすく、ペタッとした髪に可愛いニュアンスを出せる



一、「髪の重さでパーマが伸びてしまう」という事が無いので、スタイリングが簡単で、アレンジもしやすい





まだまだ、あるのですが、チェルシーにとって、


「髪が曲がりやすくなるカット」


「外国人のくせ毛風パーマ専用ロッド」でのワインディング


「エアウェーブ」


この3大テクニックが一番生きるのが、ミディアム~セミロングという理由もあるんです。


進化は、まだまだ続きます。

 

 

栁澤利明

いちばん可愛いパーマをかけるのに必要な長さって?

カットするときに、「似合わせる」って事を一番決めていく部分って、

「長さ」だったりします。


パーマも同じで、

「その子にとって、一番可愛い、長さ」があるんです。


そして、それは

「イメージ通りのパーマをかけるために、必要な長さ」でもあります。





例えば、


「なるべく顔を小さく見せたい」とか、


「小柄なので、全身のバランスを、なるべく良く見せたい」


「パーマっぽいパーマより、外国人のクセ毛風にしたい」とか、


それぞれに、


「ベストな長さ」があるんです。






もちろん、チェルシーでは、ご来店された方のイメージやご要望に合わせて、パーマデザインをカスタマイズしていますが、


「どんな子にでも似合うベストデザイン(ベストレングス)」(レングス=長さ)


っていうのがあります。それが、


「ミディアム~長めのセミロング」です。






このデザインや長さにしている理由は沢山あるんですが、お客様からすると


「ストレートの状態だと、ハネてしまって、スタイリングがやりにくい」けど、

「パーマをかけた後は、バーッと乾かして終わりで済む」っていうメリットがあります。





デザインが似合っているは、当たり前の時代ですし、再現性っていうのあって当然、


そうなると、ブローや、コテを使わないで、


「バーッと乾かして終わり」っていうデザイン、今、新鮮です。

 

 

栁澤利明

何故?「パーマが乾くととれてしまう理由」

「シャンプーして濡れている状態だと、ゆるめにかかっているのに、ドライヤーで乾かすと真っ直ぐになってしまう」

「スタイリングの時に、毛束をねじりながら乾かさないと、パーマがだいぶ伸びてしまう」

これって何故なんでしょう?



パーマをかける際には、

髪が常に濡れている状態で、巻いたり、薬を付けたりします。

仕上がったパーマは、もちろん

「濡れている状態」です。



 

それなら、

最初から、最後まで、ずっと髪が乾いた状態でかければ、、

結局、最後に洗い流す時に濡らすので、やっぱり一緒です。

「クセ毛以外、特に、直毛は、パーマで濡れている状態で髪がカールしていても」

「乾かせば、乾かすほど、直毛に戻ろうとする」

 



 

こんな習性があります。

なので、

「この髪質は、かかり上がりの濡れている状態から、

バーッと乾かして伸びた時に、どのくらいのカールウェーブが残るのか」

これを計算して、

濡れている状態のカールウェーブを作らないといけないんです。



「濡れている状態で結構グリングリンにかかったな」

と思っても、「乾くとかなりゆるめに仕上がる」

なんて、結構ざらですから、

美容師のみんな「ウェーブダウン率」計算していこうね。

 

栁澤利明

直毛にもしっかりパーマ!トレンドおすすめスタイル

「直毛過ぎてパーマがかからない、すぐとれちゃう」


「しっかりかかったけど、なんだかしっくりこない」


いつもパーマがかからなくて、、、かかっったのは、いいんだけど、ちょっとトレンドとズレてる。


これってなんとかならないんでしょうか?




やっぱりしっかりめのパーマって、出来るヘアスタイルは限られてしまうんでしょうか。


直毛過ぎてパーマがかからない、とれちゃう子は、圧倒的に、


「シャンプーの後に濡れている状態だと、少しかかっているけど、乾かすと、カールウェーブが伸びてしまう」


このタイプが多いです。




なので、


「濡れている状態で、しっかりかかっていないとNG」


となります。となると、どうしても、


「仕上がりは、くっきりしっかりなパーマ」となります。





こんな感じの、くっきりしっかりだったらいいんですが、なんとなく、


こんな感じで ↓「ちょっと前のパーマ」っぽくなる事もあります。






この差は? その理由は?


「髪色が明るすぎる」 「仕上がりが少しパサついている」


「毛先の方だけかかってるパーマ」


っていう部分にあります。これに対して、


トレンドのパーマスタイルは、


「暗髪」「濡れ感」「縦落ちスパイラル」


本当に似合ってるパーマスタイル、手に入れましょう!

栁澤利明

パーマの種類 いろいろ


「パーマがかかりにくいのは髪質のせい?」


「思ったより、弱くかかったのは、パーマ液が弱かったからなの?」


「かかりにくかったら、強いパーマ液でかければ、かかるの?」


この辺って、プロでも曖昧になってる部分ってあります。


それではいかんです、その曖昧さ「待った!」です。





当たり前ですが、パーマのかかりを左右するのは、


「パーマ液の種類」です。


当然、「弱い薬剤はかかりが弱い」し「強い薬剤はかかりが強い」です、しかし、ですが、、、です。





「すごく弱い薬剤でもしっかりかける事は出来る」し、


「強い薬剤でもゆるめにかける事は出来る」んです。


ここで大切なのは、


「その薬剤の成分は何なのか」って点。






同じ様なかかりなのに、Aはキレイにかかって、Bは少し傷んでいる。


しっかりかかったけど、Aは長持ちして、Bはすぐとれてしまった。


これは、全て、「薬剤のパワー(かかる力)は同じなのに、成分が違う。からなんです。






「これ使ってホントにかかるの?」とか、


「これ使ったら傷んじゃうじゃ無いの?」とか、いう薬液を、


「薬液の質の高さ」だけを基準に選んでいきます。


「どうやっても傷む成分」と「何をやっても(よほど長く時間をおかない限り)傷まない薬液。


これは存在するんです。



栁澤利明

パーマってどのくらい持つ?かけ直したら傷む?


久し振り(初めて)パーマをかけて、想像通りのスタイルに仕上がって、


翌日シャンプーの後に自分でスタイリングしても、可愛くなった。


これがベストな状態ですが、


いったい、このパーマってどのくらい持つんでしょう?




次にいつかけたらいい?


すぐとれちゃって、かけ直ししたら傷んでしまうのか?


そもそもパーマがとれる原因ってなんなんでしょう。


実は、パーマがとれる原因のほとんどは、


「パーマ剤が髪にあまり反応していなくて、かかりが甘い」ってとこなんです。






もちのいいパーマが、かけたときに80%以上の反応をしていたとしたら、


とれてしまうパーマは、5~60%です。これがかかりが甘い理由です。


かかりが甘いと、仮にシャンプーしないくて、水道水で流すだけでもとれていきます。






水道水はアルカリ性の水で、硬度成分も含んでいるので、付けるだけでとれちゃうんです。


上手くいって、しっかりかかっていても、とれてはくるんですが、


「カールした髪が地毛にしっかり定着する」この現象が起きてくれたら、簡単にはとれません。






「パーマが髪に定着する」こんな髪にするには、パーマをかける時に、


「薬剤をしっかり効かすけど、ダメージを最小限におさえて、髪の体力をキープしつつかける」


ちょっとマニアックですが、こうすることによって、


「2ヶ月半~3ヶ月もつ」パーマをかけることが出来るんです。



©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.