Blog

黒髪の高校生に可愛いパーマをかけるテクニック 13



髪をほんの少しだけ固くする

カウンセリングの際に、新規のお客様によく聞くのが、
「デジパじゃなきゃ、かからない、って言われて、かけたけどすぐ取れた」って。

僕は、20代の美容師さんに質問されたり教えたりするの大好きなんですが、それを聞くと、
「髪細いからって、安易にデジパ、デジパ、って言っちゃダメ(怒)」と(笑)

また、
「システィアミンは魔法の薬じゃないよ(怒)」と(笑)

そして、
「低還元、低タンパク変性じゃ、シャンプーしたら落ちちゃうよ」と、熱くなっちゃいます。
熱くなってもしょうがないんですが、、、

ちょっと、これは、ホント、気になっていて、今時のパーマって、カットも凄く重要なんですが、
せっかくカットをパーマ用に工夫してても、肝心のパーマをもっとがんばんないと。

なので、
久々にいきます。

続き物、
「デジパはそんなに簡単じゃない!」
(チェルシーは、ほとんどがエアウェーブのサロンなんですが、、、あえて、ですね。)

次回に続きます。

2015.05.30
チェルシー 代表 柳澤 利明

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

黒髪の高校生に可愛いパーマをかけるテクニック 12

髪をほんの少しだけ固くする

「パーマ施術の中で髪をほんの少しだけ固くする」
これは、実際結構レベルの高い技術です。

「かなり固くなっていい」
これは、初期のデジタルパーマの状態で、髪が元々固めな人はより固く、柔らかめな人もしっかり固く、
それによって、時間が経っても、固くなってかかったパーマは取れることは無い

って、今考えると強引過ぎる施術です。

初期の縮毛矯正もそうですが、一回こっきりの結果だけ考えると極端になんでも出来るんですが、
その後の長さを変えないでのデザインチェンジも考え無いと、結局。
「気に入っているんだけど、あそこ傷むから~」となってしまいます。

ただ、デザインと再現性のインパクトは初期のデジタルパーマに勝るものはありません。
やっぱり、多少傷んでもデザイン性って凄く重要
(それを否定する事からチェルシーは始まったんですが)

「極端なデザイン性と再現力」

「ニュアンス感のデザインと適度な再現力」

この間でスタイリストは常に葛藤の中施術しています。

そこで、、、
「パーマ施術の中で髪をほんの少しだけ固くする」です。

デジタルパーマで髪が固くなり過ぎるのなら、
乾かす熱の温度を低くして生乾きの状態でかければ、ほどよい柔らかさが残るのでは?

こんな発想で、
「低温デジタルパーマ」を始めました。
6年前くらいの話です。

僕はそもそものデジタルパーマのデビューが遅かったので(10年前くらいから)
最初から、温度が60度~70度でしたから(当時は90度くらいが一般的)
比較的スムーズに低温に移行出来ました。

低温の温度の定義は、45度~55度です。

「これってデジパじゃないよ!」って結構言われましたけど、実際はその通り、デジパじゃないです。
「低温デジパ」です、ってそんなオチじゃなくて、

これは、今考えると、
「クリープパーマ」なんです。

次回に続きます。



2015.05.27
チェルシー 代表 柳澤 利明

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

LOEWE。

こんにちは。北浦です。

よくお客様との会話で「今年のトレンドブランドは」という話になります。

そこで必ず出てくるのがLOEWEです。



ジョナサン・アンダーソンをデザイナーに迎えた新生ロエベ。

先日来日した時もすごい盛り上がりでしたが、注目度は今シーズンNo.1です。

新生ロエベは多彩なレザーを中心にフレッシュでヌーディーなコレクションに。
元々俳優だった彼はステージ衣装に興味を持ち、ファッションを勉強し始めました。
その影響がやはり出ていますね。

J.W.ANDERSONSとしても高い評価を得ていましたが、今回は別格です。
元々のデザインの財布などの小物も飛ぶように売れており、入手困難な物まであるそうです。

表参道のLOEWEも新しくリニューアルして先日チラッと入りましたが、すごい人でした、、、
お財布が気になりましたね。

CHELSEAの帰りに是非寄ってみてください。

北浦でした。

2015.05.26
北浦 慎也

http://www.chelsea-tokyo.com

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

ヘアカタログ更新しました ~新型エアウェーブでかけるクールウェーブ~



かき上げ耳かけロングは、ウェーブのミックス感が決め手。

大きめカールのデジパで無くエアウェーブを使うことで、
ランダムなミックスカールが実現。

程良く力が抜けたキメ過ぎないカジュアルクールさがポイント。

スタイリングは、シャンプー後しっかりタオルドライ。
根元を中心にドライヤーで乾かした後、毛先のパーマがかかっている部分にムースを揉み込み、毛先を前に向かってねじってドライヤーを当てる。
8割くらい乾いたら頭を左右に振り、毛先の毛束をほぐして完成。

2015.05.25
CHELSEA

☆オフィシャルWEBサイト

http://www.chelsea-tokyo.com

☆Facebook

https://www.facebook.com/chelseatokyo

ヘアカタログ更新しました ~極浸透パーマで作るフレッシュボブ~

極浸透パーマで作るフレッシュボブ



毛先ワンカールのナチュラルボブスタイル。重めのボブスタイルをパーマとベージュ系のカラーで柔らかい雰囲気に。パーマは極浸透パーマでダメージ知らず!

スタイリングは、タオルドライ後、毛先中心にオイルを付け、一度コーミングしてなじませます。自然に根元からドライ後、8割程度乾いたら、ソフトワックスを揉み込んで自然乾燥で完成。

2015.05.24
CHELSEA

☆オフィシャルWEBサイト

http://www.chelsea-tokyo.com

☆Facebook

https://www.facebook.com/chelseatokyo

黒髪の高校生に可愛いパーマをかけるテクニック 11

髪をほんの少しだけ固くする。

「髪を固くする」これは、女性の髪に対してかなりNGな事です。
なぜなら、「触って柔らかな髪」っていうのが、女性が求めているものだから、あまり居ないですよね、

「触ると固い髪が好き」って人は、固い=ごわごわ、というイメージがある。

ただ、ただ柔らかいだけだと、「ペタッと」見えてしまうので、
「フォルムはしっかりしてるけど、質感は柔らかい」っていうのが、求めるところだと思います。

ただ、美容室で行う施術って、髪を固くする事が多いんですよ、実は。

まず、
「シャンプー」 → これって基本、油分を取る行為ですからね。
硬くなる(しっとり仕上がるのはシリコンのせい)


「ドライカットカットで削ぐ」 → スキルの差も大きいですけど、
大なり小なり、キューティクルは取れるので、キューティクルの間にある天然油分は取れる。


「パーマの前のタンパク質系のトリートメント」 → ハリコシが出るタイプは言い方を変えると固くしている。

「パーマ」 → 薬剤が反応する際、水分油分バランスを取る成分を多少は奪ってしまう。

リアルに考えると、これが真実です。

何故、こんなに髪を固くする行為が多いのに、仕上がりは柔らかいのか?

それは、シャンプーにも、タンパク質系のトリートメントにも、パーマ剤にも、
量は様々ですが、化学合成された油分が入っているからです。


化学合成された油分が入っている事は、そんなに大問題で無いんですが、
油分が入っているとはいえ、
髪が固くなる」事には変わりは無いんです。

イメージ的には、固くなりながら油分が入っていて、柔らかくなっていく、という感じです。

ならば、
「本来固くなるのなら、計算しにくいデザインに関する施術中(カット、カラー、パーマ)の間に
油分を入れるので無く、デザインが全て終わった後にアフターのトリートメントとして入れたらいいのでは」


これが、チェルシーの考え方の柱になっています。

次回に続きます。



2015.05.23
チェルシー 代表 柳澤 利明

http://www.chelsea-tokyo.com

L.L.Bean。

こんにちは。北浦です。

暖かいどころではなく、暑くなりましたね。
夏も近そうです。

そんな時は、このバックです。

夏になると引っ張り出してきます。L.L.Beanのトートバッグ。

ど定番ですね。
オシャレママなどの中でも人気のこちら。

シンプルでコスパがよく、イニシャルも入れてもらえます。




元はアメリカのアウトドアブランドで設立はなんと1912年。
トートバッグに限っては1944年の発売です。

正にシンプルイズベスト。

色、大きさは様々。ハンドルの長さもえらべます。

汚れたら洗濯機で洗えるのもいいと思います。
あえて洗ってくたっとさせるのもいいですね。

ZIPも付いているので安心です。

僕ももう何代目かわかりません、、
今年も新しいものを考えています。

ネットで賢く買うと安いみたいなのでぜひ。

北浦でした。

2015.05.21
北浦 慎也

http://www.chelsea-tokyo.com

黒髪の高校生に可愛いパーマをかけるテクニック 10

では、
「油分をあまり使わないパーマ施術ってどんなの?」って事になりますが、これは、幾つかあります。まず。

「かかりが良いのに、仕上がりが滑らかでしっとりしているパーマ剤は避ける」

これって、「えっ?」って感じですよね~
かかりが良くて、仕上がりがいいってサイコーじゃないですか!

ただ、注意しなきゃいけないのは、
「魔法みたいな技術はあっても」「魔法の薬は無い」って事。
(今後出来てくるかもしれませんが、魔法の薬)

パーマ剤もカラー剤もストレート剤も、基本的なスペックはあっても、極端に革新的なスペックはなかなか生まれないです。

以前に、もの凄い支持されてるけど、一切表に出ない美容師さんが、「~カット開発しました!って言ってる人よく居るけど、まだそんなこと言ってんの、って感じです。それより、カウンセリングでもっとお客様の事を知ってからハサミ入れるべきだ」って言ってました。

まさしくその通りで、
「いいですよ、って、見せかけだけ取り繕っても、本質を見ることをしていなければ意味が無い」って僕も思います。

油分の話に戻ります、、、

かかりがいいってことは、「かかる為に必要な事が多く出来るモノを使ってる」って事で、やはりどうしても薬は強くなります。

そして、
仕上がりが滑らかでしっとりしている、って事は、合成の油分がしっかり入っている、となります。

これは、
「かかりを良くする為に薬を強くして結果、髪の油分が失われるので、しっかり合成の油分を入れる」ってニュアンスか、

「油分をしっかり入れて薬の効果が薄まるので、その分薬を強くする」って事か、どちらかか、両方でしょう。

ちょっと難しいですかね。

結論、
「どうせすぐとれてしまう、見せかけだけの油分を使うなら、弱い薬で髪本来の天然の油分をキープした方がいい」って事です。

若干、過激な内容になってきたので、、、次回に続きます。



2015.05.19
チェルシー 代表 柳澤 利明

http://www.chelsea-tokyo.com

黒髪の高校生に可愛いパーマをかけるテクニック Ⅸ

持ちのいいパーマをかけるのに大切なのは、必要以上の油分を使わない、のと、
髪をほんの少しだけ固くする、事と、前回書きました。

まず、
「必要以上の油分を使わない」という点に関して。

今時のパーマ剤には、かなりの油分が使われています。

なぜなら、単純に、
「パーマをかけた後、手触りが悪くなって傷んだ感じになると、傷むパーマ剤だと思われるから」
なんですが、

これがそもそもちょっと? で、

パーマかけて、かける前のコンディションがキープ出来ないのは、
パーマ剤のせいじゃなくて、技術的な問題なんです。

髪質をミスジャッジして、ベストより強い薬剤を選定してしまったり、
時間を長く置きすぎたり、酸化(パーマの傷む作用を止める)が足りてなかったり、です。

それを誤魔化す為に、仕上がりの手触り重視の薬剤を作ってしまう

= 油分を大量に含ませる
= 油分を含んで弱くなってしまったパーマ剤の強さをを戻すために、更に剤を強くする

という複雑怪奇な状態に陥っています、、、

シンプルに、
「素材を正確に判断して」

「適正な強さの薬剤を選定して」

「適正な温度、時間で放置」

「酸化をしっかり、かなりしっかりする」

これをすれば、その方が本来持っている髪の油分が損なわれないので、
油分を大量に付け足す必要性は無いんです。

髪本来の油分は、乾いた時のパーマの伸びの原因にはならないですが、
人工の油分はどんなに上手く調整しても、大なり小なりパーマを伸ばしてしまいます。

なので、仕上がりで妙にしなやかに柔らかくなっているパーマ剤は要注意です。
髪本来の油分がどの位失われたのか、残っているのか、全く分かりません。

実は、仕上がりの髪の天然油分の残りが、次の施術の大きなヒントになるんです。

僕に取って、それが分からないのは目隠しされているのと一緒、
うちのスタイリストも同じです。

次回に続きます。



2015.05.16
チェルシー 代表 柳澤 利明

http://www.chelsea-tokyo.com

ボーリング、カラオケ大会。

こんにちは。北浦です。

CHELSEAでは2ヶ月に一度、みんなでご飯を食べたりスポーツをしたりする
レクリエーションがあります。

今月のレクリエーションはボーリング&カラオケ大会です。



あえて少し遠い平和島の大型複合施設に行きました。

この写真、全然酔ってもいませんし、むしろGWの後なので、
みんな疲れているのかと思いきや元気ですね。

ちなみにまだ始まってもいません笑

結果は自信満々の島くんがNO.1でした。
普段仕事している所しか見ないので新鮮です。

お次は、カラオケ。
こちらは二度目ですが、12月入社の島くんは初めて。



こちらでも大活躍。
なにやら色々準備をしてきたみたいでした。

盛り上がっていましたが、普通に上手でもありましたね。
今回は島くんに持っていかれました。

こういった機会があると普段お店で言えない事や知らない面が見えてすごくいいと思います。

またみんなで頑張りましょう!
北浦でした。

2015.05.15
北浦 慎也

http://www.chelsea-tokyo.com

ボーダーの季節。

こんにちは。北浦です。

いきなり夏がやってきたように暑い日が続いています。

ファッション誌は、サンダルやTシャツといった夏のアイテムを紹介していますが、やはり多いのがボーダーです。

定番の物から太めのラインの物まで様々です。
どのテイストにもあってしまうからすごいです、、、

万能。









今年の春夏のコレクションでも多く見られたボーダーですがランウェイでは柄物に合わせたりボーダーにストライプを合わせるスタイルもありました。

日本ではあまり合わせる人はいないですし難しいとは思いますが挑戦してみたいですね。

個人的にはネイビー×ホワイトのボーダーがシックで素敵な気がします。サンダルとソックスに合わせてシティー×マリンが男女共にトレンドでしょうか。

みなさんもぜひ。

北浦でした。

2015.05.14
北浦 慎也

http://wwww.chelsea-tokyo.com

楽しい土曜日!

こんにちは!CHELSEA武田です。

土曜日の営業後はトレーニングの日です!
先日の土曜日はアシスタントの島君はトリートメントの最終チェックでした。



今までたくさんのモデルさんにきて頂いて勉強してきました!
本人も今日はチェックで緊張していましたが、、、無事良い仕上がりでした(^-^)!

これからサロンワークでお客様に施術させて頂くのが本番なので、
頑張ってもっと上手くなって欲しいですね!

CHELSEAはアシスタントだけでなく、スタイリストも常に課題をもって勉強しています!




それぞれの課題を柳澤さんレクチャーのもと指導して頂いています!!

僕も今年に入り、島君のトレーニングを一緒に指導させて頂いているのですが、
そのおかげで僕自身も色々な技術を間近で見ることができ、本当に幸せだなと思います。

僕自身も、技術の課題はたくさんあるんですが、
美容師を始めて8年目でCHELSEAに入社して2年がたった最近ですが、
技術の成長を感じたり、理解出来てくると、やっぱり楽しいなぁと思います。

僕もスタッフに負けないようにもっと上手くなりたいなと感じる土曜日の1日でした(^-^)

2015.05.12
武田 慎太郎

http://www.chelsea-tokyo.com

 

黒髪の高校生に可愛いパーマをかけるテクニック Ⅷ

連載ブログに戻ります。

まず、
「必要以上の油分を使わない」事に関して。

当たり前ですが、髪の毛は、油分や水分を含めば含むほど、しっとり滑らかになります。
そして、それを通り過ぎると、ペタッとべたっとしてきます。

という事は、カラカラの状態から、少しでも油分や水分が加わると、
カラカラの状態より、少しはペタッとしてきます。

分かりますか?

極論は、
「カラカラの多少パサッとしている方が、ふんわりしていて」
「しっとり滑らかな方が、ペタッとしてくる」
って事なんです。

一時期、「セミウェット」って質感が話題になりましたが、やっぱり断然、
フワフワのが人気があって、逆に言うと、フワフワを極めてからこそのセミウェットなんで、
その辺は、まあ、っこれはどうでもいいんですが。

話を戻して、
持ちのいいパーマをかけるテクニックで必要な事の一つの、

「必要以上の油分を使わない」事の答えは、

意外に
「カラカラで多少パサッとしている状態に、薄ーく表面だけに油分が付いてる」
って仕上がりなんです。

ただ、これは、パーマでダメージさせていいって事じゃあ無いですよ。

あくまでも、
「かける前の現状のコンディションを最大限キープした上でのパーマ技術
(傷んだ髪を蘇生させながらパーマをかける事は出来ないので、
あくまでも現状維持が最良のダメージレス)」

が前提ですから。

じゃあ、
「カラカラで多少パサッとしている状態に薄ーく表面だけに油分が付いてる」 仕上がりって、
お客様的には、どう感じるかっていったら、

「フォルムはふんわり、手触りは柔らか」ってとこなんです。

これが、チェルシーが追求しているパーマの仕上がりです。

違いますよね。だいぶニュアンスが、両極ですよね。
ただ、僕からいったら一緒なんですよ。

「カラカラで多少パサッとしている状態に薄ーく表面だけに油分が付いてる」と
「フォルムはふんわり、手触りは柔らか」

美容師さんに説明する時には、
絶対、「フォルムはふんわり、手触りは柔らか」な感じの仕上がりを目指してるんだよって
言わないです。マネすると、確実に油分たっぷり使ってすぐ取れるパーマかけちゃうから。

お客様に、「ふんわりで、柔らかに仕上がります」とも言わないです。
その代わり、自宅でのパーマスタイリングの方法をしつこく説明します。

ふんわりとか、柔らかいって人によって感覚が違うし、
そもそもふんわりさせるのに一番重要なのは、根元をしっかり乾かす事で、
柔らかくしたいのなら、少しだけヘアオイル付ければ良いんですから。

美容師の通り一辺倒な、セールストークはうちには必要無いです。
必要なのは、「事実」とか「本当の事」だけ。

次回に続きます。



2015.05.10
チェルシー代表 柳澤 利明

http://www.chelsea-tokyo.com

手間暇かけた仕事

今回は、「黒髪の高校生に可愛いパーマをかける」はお休みして、サロンの技術全般的な事に関して。

スタイリストデビューした直後から、
メーカーさんからの商品開発(カラー剤やパーマ剤の開発アドバイス)のお仕事を頂く事が多くて、

どっちかというと、撮影してデザインを表現するより、そっちにハマっていた時期があって、
モデルの仕込みするより、毛束を染めたり、検証用のウィッグ作ったりしてた、
変わったjrスタイリストでした。

まあ、「撮影は先輩の見てるから大丈夫でしょ。先輩が誰もやってない事やってやる」という、
生意気な子だったからだと思います。

しかし、それもこれも、全て、
「ヘアデザインありき」という事に気付くのは、そんなに遅くは無かったですが(笑)

ただ、今でも僕の技術のベースはカットじゃなくて、
「打率9割9分9厘のケミカル技術」なので、今でも同じ様な事を続けています。

だた、一時期よりも、だいぶ開発のお仕事を(`_´)ゞ受ける事は少なくなりました。

何故かと言うと、
「誰でも使いやすい、誰でも失敗しない、誰でも簡単に出来る薬剤を作りたい」とか言われるので、、、
「僕じゃ無くてもいいんじゃないですか~」って、冗談半分、本気半分(笑)

失礼だと思うんですが、 反面、そうじゃ無い状況も沢山あって、
こっちがおされるくらいに、「本物のモノ作り」にこだわっている方もいる。

そもそも、
「誰でも簡単に出来る」出来ているっていうレベルがどの辺なのか?っていうのが疑問で、
例えば、お寿司屋さんでいう、どのお店でも(回転寿司でも普通の寿司屋でも)簡単に出来るモノって、 「ロボット握りマシン」的なモノですよね、

そしたら、 「うちは、ロボット握りマシンも裏で使ってます」ってお客様に分かる様にしなきゃ
本当はいけない。 じゃなきゃ、表で握っているお寿司が全て廻ってると思いますよね。

ヘアもお寿司も、職人が手作業でやる精度の高い仕事なんで、
レベルが高い仕事は、「そんな簡単になんか出来ない」っていうのが、
長年、「いかに合理的に美容の仕事を教えるか?」って事にこだわってきた僕の結論です。

「職人はこんな安い材料使えるか!本物はモノによっては時間がかかるんだ!」っていう意地を
僕ら美容師は見せて、本物を追求していきたいと思います。

では、次回はまた、パーマブログ行きます!



2015.05.09
チェルシー 代表 柳澤 利明

http://www.chelsea-tokyo.com

MARC BY MARC JACOBS。

こんにちは。北浦です。

先日のファッションニュースで
「MARC BY MARC JACOBSがMARCJACOBSと統合。」
という記事を見ました。

ブランドの統一化をはかり、ラグジュアリーラインとコンポラリーラインを同一の世界感を発表していきます。

CHELSEAの目の前のMARC BYもしばらくしたらMARCになってしまうみたいです。
MARCだけど少し安くないと買えない、、、という時はこちらです。
僕ら世代やもっと若い子たちにはお財布にも優しいMARC BYの方が人気なのではないかなと思います。

時計や財布はお客様でも使っている方が多いです。

メンズよりレディースの方が人気ですよね。

学生の頃は、ハイブランドブームでしたが、MARCに関しては手の届く位置にあるため手に入れやすかったのではないでしょうか。

そんなMARC BYがなくなってしまうのは寂しいですが、統合してより一層素敵な作品を期待しましょう。

北浦でした。



2015.05.07
CHELSEA 店長 北浦 慎也

http://www.chelsea-tokyo.com

黒髪の高校生に可愛いパーマをかけるテクニックⅦ

前回のブログで、

「とれにくいパーマをかける方法は!」

「髪をほんの少しだけ固くする」
「必要以上の油分を使わない」

この2点が大きなポイントだという事を話しました。

美容師さん的にはあまり馴染みの無い理論だと思います。
しかし、凄く重要です。

パーマをキレイにかけるには、薬剤の設定だったり、放置タイムだったり、
機器の使いこなしだったり、いろんな要素があります。

まず、傷めないようにしっかりかけるには?という目的の為に、
それらを細かい計算の上で行っていくんですが、これがなんとも難しいんです。
なので、このブログが人気がある(笑)

ただ、極めていくと考え方がシンプルになっていって解ってくることがあって、

「傷めず」
「髪質に応じてMAXの弾力があるカールが出ていて」
「乾かし方によって2パターンくらいのアレンジがきく」

ここまで出来れば!!
(まあここまでが難しいんですけど、みんながんばってね、ポイントはカットにあるから)

後は、
「必要以上の油分を使わないで、 髪をほんの少しだけ固くする」事をすれば、
パーマの持ちは格段にupします。

じゃあ、何が、
「必要以上の油分を使わない」のか

何が、
「髪をほんの少しだけ固くする」のか

マニアックにならない様に、次回から説明していきますね。



2015.05.06
CHELSEA 代表 柳澤 利明

http://www.chelsea-tokyo.com

日々追求しています!

こんにちは!CHELSEA武田です(^-^)

あっという間に5月ですね!
そんな最近ですが、以前ブログでも紹介させて頂いたんですが、
CHELSEAで導入した軟水装置「BELSOFTENER(ベルソフナー)」

毎日の営業でもフル稼動しているんですが最近スタッフも色々な変化を感じています!

アシスタントの島君も「泡立ちが全然違いますね」と。
僕自身も軟水装置をつけてから、最近、水の柔らかさを感じます。

CHELSEAでは、このような最新の機材を使い日々スタッフ、変化を感じ追求しています(^-^)こういった技術以外の追求もとても面白いんです!!

結果はすぐにはでないですが、間違いなくお客様の髪は今まで以上にキレイになります。
このような取り組みを日々しているCHELSEA。
ぜひ、足をお運び下さい(^-^)!!



2015.05.05
武田 慎太郎

http://www.chelsea-tokyo.com

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.