Blog

北浦、誕生日でした。

こんにちは。北浦です。

実は、10月27日。北浦の27回目の誕生日でした。
当日は仕事でしたが、営業後にみんなからサプライズされてしまいました。

終礼後に突然真っ暗に。

裏へ走る福島さん。
慌ててパソコンをいじる石川くん。
スピーカーのボリュームを上げる武田くん。

みんな少し慌てていましたが、パソコンに目をやると、、、
メッセージ動画です!



夜遅くにみんなで撮ってくれていたみたいです。
かわいいですね。

もちろん柳澤さんも出演。



お忙しい中ありがとうございます。

本当に嬉しかったです。

電気が点くと、4人からプレゼント。



BODY SHOPのアンチエイジングセットでした。

まだ27なんだけどな、、、
でも一番年上なので素直に受け入れました。
毎日使います。

本当にみんなありがとうございます。
すごく温かい誕生日になりました。

27歳になりましたが、益々元気にお仕事頑張っていきますので、
どうかこれからもよろしくお願い致します。



27歳の北浦でした。

2014.10.31
北浦 慎也

http://www.chelsea-tokyo.com

弱い薬でパーマをかけるには 後編

前回の続きです。

傷んでいる髪は、かかるのなら、なるべく弱い薬剤でかけた方がいいのは誰にでも分かります。

そして、傷んでいるとはいえ、薬が弱すぎると、髪にパーマがかかる反応が不十分のまま
かけ終わってしまうので、結果、

「2~3回シャンプーしたらすぐに取れてしまった」ということになってしまいます。
(まあ、かかっているけど、バサバサに傷んでカールになっていないのが一番困るのですが)

ただ、薬剤は強くしたくない、強く出来ない、、、

となると、薬剤以外の力で、何かかかりが良くなる方法は無いのか?
となります。

そこで、考えたのが、
「薬剤が反応した状態でも、髪の負担にならない様な微力な負荷を加える」
という原理です。

どうですか?

もう ここまでくると美容師さんでも意味不明ですよね。

というか、説明するのが難しすぎるのですが、
なるべく簡単に言うと、

「パーマが6割くらいかかってきている状態で、
髪の負担にはならないような、かかりがよくなる技術を使って、残り4割をかけていく」

「結果、かかりは10割だが、薬剤の力=傷む要因、は6割」
って全然簡単じゃ無い(笑)

まあ、薬剤を弱くしただけだと結果は出ないので、
独自の技術が3年半で幾つか出来上がった、という事です。

これは、原理ありきで、頭でっかちになっていた時期を越えてから作っていったので、
かなり実践的で結果重視の技術になっています。

と、まあ、ぜんぜん頭でっかちなんですが、今でも(泣)

みんながんばろーね。



2014.10.30
チェルシー 代表 柳澤 利明

http://www.chelsea-tokyo.com

パーマレクチャー!

こんにちは!CHELSEA武田です(^-^)

土曜日の営業後、福島さんのモデルさんに協力して頂き、
柳澤さんにパーマのレクチャーを一から仕上がりまで指導して頂きました!!



久しぶりにカットの展示からして頂きました。
デザインの重要なポイントやパーマとの連動性をベースからセニングまで、
ひとつひとつ丁寧に展示して頂きました。

スタイルの構造やパーマでの質感の変化を逆算してのカットプロセス、、、
それに対してのワインディング、スライス、シェープ、1剤塗布の重要性、、、
スタイリングまで、、、

ブログで全て伝えきれない内容の濃いレクチャーでした!!
こういった勉強できる環境で美容師が出来て幸せです(^-^)

明日から、お客様により喜んで頂けるパーマデザイン提案していきます!
柳澤さん、ありがとうございました。

武田でした。

2014.10.29
武田 慎太郎

http://www.chelsea-tokyo.com

弱い薬でパーマをかけるには

今回は、かなり美容師さん向けのブログです。
お客さまで読んでくれてる方は申し訳ございません。

チェルシーでは、かなり弱い薬剤を使ってます。

サロンがオープンした時にも、他のサロンから入社したスタイリストからは、
「随分弱い薬剤ですが、本当にかかるんですか?」
と最初に言われたので、すぐにパーマのレクチャーをモデルを使ってして、
結果を見せて黙らせたのも、今となってはいい思い出です(笑)

そんな感じで始まったチェルシーのパーマですが、
実は、その当時使用していた一番弱い薬剤のパワーは、
今使用している薬剤の中では、「強い方から2
番目」です。

という事は、
当時は、「弱いな~」と思っていた薬剤でも、「全然強かった」という事になります。

分かりやすく言うと、
パーマの薬剤が、一番強いのが「レベル10」で、一番弱いのが、「レベル5」だとすると、

オープン当時の薬剤3種類は強い方から、「8.587」でした。

それが現在は、「8」→
「7」「6」「5」となっています。

となると、
一番髪がしっかりしていてかかりにくい髪は、「8.5」から「8」とさほど変わって無いのですが、
一番ダメージしていてかけられるギリの髪のアプローチは、「7」から「5」まで弱くなっています。

単純に考えると、ダメージしている髪を2段階分、弱い薬剤でかけられている計算になります。

何故、3年半でそこまで出来たのか?
説明していきたいと思います。

次回に続きますね。



2014.10.28
チェルシー 代表 柳澤 利明

http://www.chelsea-tokyo.com

スタッフスナップ ニット編 後編

こんにちは。北浦です。

先週に引き続き、スタッフスナップです。
今回は、冬に備えてニット特集。

まずは、武田くんです。



シンプルなコーディネートが好きな武田くんは、グレーのニットに生デニムを合わせました。
かっちりしすぎず、ゆるくなりすぎず、絶妙なサイズ感です。
少しだけ見える白Tのレイヤードも今年らしくて◎です。

ショートのヘアーも爽やかで、コーディネート全体をより綺麗に見せてくれますね。
シンプルだけどなんかおしゃれ。
これほど難しいものはないと思います。

最後は、僕です。



黒のゆったりめなニットに薄い色のデニムを合わせました。
定番の配色ですが、キャメルのロングブリムハットを合わせて上品なイメージもプラスしました。

前髪を下ろすと全体的に暗いイメージになるので、この日はすっきり上げてみました。

最近、なんとなく薄色のデニムがマイブームで、これもリーバイスのかなり古いものですが、90sの雰囲気がでて、とても気に入っています。
ダークトーンが多くなるこれからの季節にもいいですね。

いかがでしたでしょうか。
今年は少しゆったりめのニットが多いですかね。
個人的にはハイネックに注目しているので、そのうちまたご紹介したいと思います。

北浦でした。

2014.10.26
北浦 慎也

http://www.chelsea-tokyo.com

スタジオでの作品撮り!

月曜日は、毎月行っているスタジオでの作品撮り!

今回のモデルは、以前タカラさんのエアウェーブセミナーでもお世話になった鳥羽さん。

スタジオでの撮影は、普段と雰囲気がガラッと変わるので気合いが入りますね。
※もちろん普段も気合い入ってますよ!笑

ロングの黒髪を活かした艶髪ウェーブ。
地毛の質感をそのままに◎

今回は、ライティングも変えて、陰影を出して、よりカール感が伝わるように撮りました。

柳澤さんが、どんどんチェルシーのパーマスタイルを打ち出す準備をしてくれています。
それを生で見る事が出来て、カメラを担当させていただける環境に感謝です。
そのスタイルを今後、僕自身落とし込んでいけるようにしていきたいと思います。

朝早くからモデルの鳥羽さん、ご協力ありがとうございました。
メイクを担当してくれた福島さん、カメラを任せて頂いた栁澤さん、ありがとうございます!



2014.10.22
石川 周平

http://www.chelsea-tokyo.com

スタッフスナップ ニット編 前編

こんにちは。北浦です。
急に寒くなって急いで冬物を引っ張り出してきてる方も多いはずです。

おしゃれ好きにはたまらない季節ですね。
そんな今日は、スタッフスナップです。

今回は、秋冬の定番「ニット」特集。

まずは、スタイリストデビュー間近の福島さん。



白の厚手のニットですが、ショート丈なので膨張してみえないのがポイント。
クラッシュデニムとスニーカーで外しも忘れません。

シンプルな黒のワンレンスタイルでモード×カジュアルの完成です。

バランス感はさすがですね。
女の子は要チェックなスタイルです。

ちなみにポーズは石川くんのマネだそうです  笑

次はその石川くん。



打って変わって、こちらはネイビーのニットの中にシャツを着て、優等生スタイル。

よく見るとケーブルになっていてこの季節にはピッタリです。
ウールのパンツも今年らしくて◎。

長めのバングで左サイドだけ耳にかけ、爽やかさも忘れません。

お気に入りのニューバランスもうまく外しになっていますね。

いかがでしたでしょうか。
ニットは素材、サイズ、シルエットで様々なスタイルに合わせられますね。

来週は僕と武田くんのスナップをご紹介します。
お楽しみに。

北浦でした。

2014.10.21
北浦 慎也

http://www.chelsea-tokyo.com

髪の乾燥対策に

こんにちは!石川です(^^)
日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、いかがお過ごしですか。

この季節に入ると、気になるのが乾燥。
髪にとって乾燥は大敵です。

ごわついて切れ毛や枝毛の原因になったり、静電気で広がったり、
さらに、乾燥で水分が失われると、キューティクルがからからになって、
ダメージが表面化しやすくなってしまいます。

ドライ前後にアウトバストリートメントで保湿するのが有効です。

後は、サロントリートメント。
チェルシーのトリートメントは、12種類から髪質に合わせて4~6種類を組み合わせていきます。

そして、有効なのがこちらのナノプレッソプロ。



ナノサイズの加圧加熱水蒸気を噴霧する事で、トリートメントの入り込む水路を作り、
トリートメント塗布後に噴霧する事で浸透力を高めます。

お持ち帰りのホームケアトリートメントもお渡ししているので、
週に一回のご自宅でのケアをプラスすれば、、、
約1ヵ月半、乾燥に強い、まとまりやすい髪がつくれます。

嬉しい口コミをたくさん頂いている評判のトリートメントです。
是非、ご体験下さい(^^)

2014.10.18
石川 周平

http://www.chelsea-tokyo.com

パーマのかかりはカットが影響するのか? 後編

さて、お待たせしました。後編です。

カットがこの十年でかなり進化したのに比べると、
パーマの進化はかなり緩やかで、

熱心にやっているところと、
「カットとカラーとトリートメントとヘッドスパがあればいい」と
パーマを捨てているところ(それはそれで素晴らしい)と2極化してきています。

うちは、オープンしたときから、
「パーマが売りのサロンだ!」って言ってるので、捨てられないんです。
パーマは(笑)

むしろ、毎月、進化させています。

ただ、最近感じるのが、
「このサロン、パーマ上手いな。
けど、これをやることにどんな意味あるのかな?」

と思っていた技術が、検証を重ねた結果、知らず知らず、似たような事をやっている。
やはり、カットもそうですが、方法は若干違えど、いきつくとこまでいくと、
求めるものはかなり似てくるんだな、と。

「パーマ技術単独でもしっかりとした説得力があり、
これなら自分にも出来そうだ」という技術を今は求めていて、

「柳澤さんがカットして巻いているから、、、」で無く、

「同じやり方をしたら、パーマデザインが簡単になり、
パーマが好きで楽しくなってきた」

という技術を開発するように心がけています。

今、取り組んでいる技術がひとつあって、
まあ、それこそ、やり尽くして元に戻るって感じの技術なんですが、
今撮りためているスタジオの撮影のデザインにバッチリのテクになりそうです。

みんながんばりましょ~



2014.10.17
チェルシー 代表 柳澤 利明

http://www.chelsea-tokyo.com

パーマのかかりはカットが影響するのか? 前編

よく、パーマ関連の開発のお仕事の中で、開発メーカーさんと議論するのが、

「どんないいパーマ剤や機器を使っても、
デザインのベースになるカットがしっかりしていないと、パーマもキチンとかからないのでは?」

というもので、

じゃあ、そんなに躍起になってパーマの薬剤やかけ方にこだわっても意味ないじゃん、
ともなってくるのですが、僕はあまりそう考えては無くて、

「やはりパーマはパーマ技術がベース。
キチンとしたパーマ理論に基づいた、そのパーマ理論用のカット技術を、
同時進行、もしくは、後付けで開発していかないといけない」
と思ってやってます。

確かに考え方としては、
「パーマをかけなくても髪が立体的になり、動いた時には更に凹凸が出るカット」
をしておけば、その上にパーマが乗っかるのですから、
当然立体的にもなるし、かかりがいいように見えます。

逆に言うと、ちょっと癖があればパーマはいらないじゃん、ともなってくるでしょう。

そうなると、
「パーマ用のカットをして、毎日コテで簡単に巻いた方が、傷まないし仕上がりのツヤも出る」
って事になります。

すると、サロンの誰もパーマの勉強をしなくなってしまう。もちろん上の人もです。
進化と進歩は止まりますよね。確実に。

後編に続きます。



2014.10.16
チェルシー 代表 柳澤 利明

http://www.chelsea-tokyo.,com

リニューアル内装撮影!

こんにちは。石川です。
三連休は、不安定なお天気の中、ご来店いただき、ありがとうございました。

さて、9月から改装した店内で営業し、空間も広くなり、セット椅子も新しくなり、
よりリラックスしていただけるようになりました。

店舗内の改装を行い1ヶ月程経ちますが、先日、その内装の写真を撮影。

朝からカメラマンさんに来ていただき、撮影スタート。
幸い天候も快晴で、いい光が店内に差し込みました。

改装したスペースを何カットか撮影。
みんなの協力もあり、スケジュールよりかなりスムーズに進みました。

今回は、内装に加え、ヘッドスパの施術の様子も撮影。
いい感じに撮れました。

撮影したものをちらっとご紹介します。





改めてホームページの写真に加わりますので、是非チェックしてください。
店内の様子が伝わりやすい写真になったと思います。

早朝からご協力いただいたカメラマンさん、スタッフのみんな、ありがとうございました。

2014.10.14
石川 周平

http://www.chelsea-tokyo.com

ランチミーティング。

こんにちは。北浦です。

先日のセミナーの帰りにみんなでご飯を食べに行きました。
渋谷でのセミナーだったのでそのまま渋谷でランチ。
石川くんは残念ながら用事があったので、今週は欠席です。

お店が多くて迷いましたが、たまたま前を通ったのが「俺のハンバーグ 山本」。
有名なのでご存知の方も多いと思いますが、なんとみんな初めてでした。



このお店のキャッチコピーは「人を元気にする食卓」
ハンバーグ、ご飯からドリンクまで細かく産地や作り方を説明してくれました。
もちろん味も◎。

たしかにみんなかなり元気になっていました  笑





休みの日もセミナーで朝早かったのでご褒美です。

その日のセミナーの事。
仕事の事。
プライベートな事まで。

普段、ゆっくり話せないことも話すことができました。

たまには、みんなでご飯もいいですよね。
今度は、石川くんも一緒にみんなで来たいと思いました。

セミナーを受講し、みんなで取り組むことも話すことが出来たので、早速、明日から実行!
北浦でした。

2014.10.12
北浦 慎也

http://www.chelsea-tokyo.com

持ちのいいパーマと持ちの悪いパーマ 後編

後編です。

ここで重要なのは、
しっかり温めてしっかり柔らかくする=髪を柔らかくするパーマ剤をしっかり反応させる
=しっかり形が付き、持ちのいいパーマになる

ということなんです。

しかし、髪を柔らかくするパーマ剤をしっかり反応させるには、強い薬を使わなくてはならない。
それが、「取れないけど傷んでいるパーマ」になっていると思います。

傷んでパサついていたら、どんなにパーマが持っていても嬉しくない。
逆に、早く取れて欲しいと思います。

なので、
「髪をあまり柔らかくしないで、反応もそれほどさせない」方が傷まないんです。

でも、
「しっかり形が付かないし取れそう」ですよね。

ならば、
「温めるのは適度で、かなりしっかり冷やしたら」
これが、今のチェルシーのパーマの基礎になっています。

美容師さんならもう理解できると思いますが、
冷やす=パーマの2剤(形を固定する薬)を徹底的にするんです。

2剤はしっかり反応させてもほぼダメージに繋がりません(収斂させすぎなければ)

そんな、理由で、今、チェルシーの2剤の放置タイムはかなり長いです。
反応のさせ方も独自のテクニックがあります。

勉強したい美容師さん、待ってますね(笑)



2014.10.11
チェルシー 代表 柳澤 利明

htpp://www.chelsea-tokyo.com

持ちのいいパーマと持ちの悪いパーマ 前編

チェルシーにお見えになっているお客様でパーマをかけている方は3~4割いらっしゃいます。

大抵の方が2~3ヶ月周期でパーマをかけられているのですが、
ロングで形をしっかり出したパーマデザインとなると、半年くらいの周期の方もいらっしゃいます。

作り手側も、
「出来るだけカールが長持ちしてほしい」と思いますし、お客様はなおさらそう感じています。

では、、、
「長持ちするパーマ」と「すぐとれてしまうパーマ」の違いはどこにあるんでしょう?
(今回はかなり美容師さん向けです)

ほんとにシンプルに考えると、髪に対してパーマ剤が反応していればしているほど、
持ちのいいパーマになります。逆に、反応が弱いとすぐとれてしまう。

例えるなら、
普段は適度に柔らかくて、温めると更に柔らかくなって、冷やせば冷やすほど固くなる
ジェルの様なモノで、数字のS
を作るとします。

ジェルをしっかり温めてしっかり柔らかくして、冷凍庫に入れてしっかり冷やせば、
しっかりとしたS
に形付きますが、

中途半端に温めて、適当に冷やしては、形が固定していてくれない。

とこんな感じです。
(解りにくいですかね、、、)

後半に続きます。



2014.10.09
チェルシー代表 柳澤 利明

http://www.chelsea-tokyo.com

その縮毛矯正待った!

このところ、連日のストレートパーマ祭りです(笑)

ストレートを
かける方は、ある程度の周期で必ずかけるので、
続く時期があると言うことは、3
ヶ月~4ヶ月後にまたやってきます。ストレート祭(笑)

チェルシーでは、”縮毛矯正”という言い方はせず、”ストレートパーマ”と言っています。
(まあ、どっちでも同じなんですが)
理由は、”縮毛矯正”というと、デザイン性が全く無いイメージがあるからです。

癖毛をストレートにするけど、必ずデザイン性は持たせる、
そんな思いで、あえて、ストレートパーマと言っています。

僕がお客様-特に新規でお見えになる方-に言っているのは、
「ストレートパーマはライセンス制にしないと危険」と言うことです。

こう書くと、一部の美容師さんは、
「チェルシーは、ライセンス制にしてもパスするくらい得意だから、よそに行かず、うちに来なよ!」ってステマでしょ。
って言うんですが、、、

まあ、当たってます(笑)
よそに行かず、うち来なよ、ってまでは思ってないですし、そんな軽いノリのスタッフは一人も居ないですけど、
スタイリストはライセンス制にしてもパスすると思います。僕のアシスタント経験者なので、みんな。

20代の頃からストレート剤の講師をさせてもらって、気付いたのは、
「一回かけて傷んだら、その部分は、パーマもカラーも、カットでさえ、
元の
地毛で出るパフォーマンスは二度と出ない」

そのくらい怖いモノだという事です。

なので、言い方は良くないと思いますが、
「失敗して地獄の苦しみを味わい、克服した後のノウハウ」を持っていないと、なかなか難しいかな、と。

20代の頃、地方のストレートのセミナーをしているとき、よく冗談で言ってました。アシスタントに。
「仕上げの時に癖伸びて無かったら、荷物持ってすぐに逃げるぞ!」

まあ、幸い逃げた事は無かったですが、伸びて無かった事はあります。正直なとこ。

ただ、この辺りの時期から、失敗→
検証テク開発、疑問検証テク開発という、
僕の今の形が出来てきたんだと思います。

みんな、がんばりましょ。



2014.10.05
チェルシー 代表 柳澤 利明

http://www.chelsea-tokyo.com

セミナー。

こんにちは。北浦です。

先日のお休みに、柳澤さん、武田くん、石川くん、福島さん、僕で、他のサロンの美容師さんのセミナーに行きました。

今回のテーマは
「スタイリング&フォト」
です。

講師は業界誌でも活躍されている美容師さんとファッション誌、ヘアカタログなどで活躍されているカメラマンさんです。

講習が始まったら早速カット、スタイリング。
モデルさんは2名で全く違ったスタイルでした。







カットやスタイリングもそうですが、写真を通して美容師が伝えたいこと。
カメラマンさん、モデルさんとのコミュニケーション。
実際画面上でチェックする点など、いつものスタイル講習とは違った点で教えて頂きました。

一番印象に残ったのは、
「モデルハントや事前の練習、衣装選び、実際の撮影まで全てがその後の営業に生きる。」
ということでした。

確かに少しずつですが撮影をさせて頂き始めて、色々な事を学ばせてもらっています。
もちろん普段の営業もそうですが、外部の講習で気付くことやモチベーションが上がることもあります。

次の撮影が待ち遠しいですね。

しっかり準備していい結果が出せるようにしていきたいと思いました。

北浦でした。

2014.10.04
北浦 慎也

http://www.chelsea-tokyo.com

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.