Blog

コラボアイテム

こんにちは北浦です。

先日の東京コレクションでも話題だったundercoverとsacaiのコラボレーション。
コムデギャルソン、ヨウジヤマモトに次ぐ日本を代表するブランドのコラボにとてもビックリしました。

ストリートを中心に人気が加速しているコラボブーム。ジャンルやテイストを超えてフリーなコラボが目を引きます。




大人気VETEMENTSとリーボックのコラボ。

これもいくらだと思いますか




一足11,000円

さすがVETEMENTS





こちらは打って変わってH&Mとアーティストジャスティンビーバーのコラボ。元々彼が愛用しているアイテムからインスパイアしたみたいです。

ファンには嬉しいアイテムですね。





こちらが一番気になります。

sacaiとノースフェイス。

や、気になるというか


普通に欲しい。


思ったより高くないし。

モダンでスポーティー。
sacaiの象徴ネイビーやカーキを使ったミリタリースタイルをミックス。

本当に欲しい。


やはりコラボって普段よりも物欲が増す、、

プレミア付くものも少なくないので並んだり早く買うのをお勧めします。

これからもどんどん出てくると思うので見逃さずにチェックしていきたいと思います。

北浦でした。


2017.11.21
チェルシー 店長 北浦 慎也

HOT PEPPERでのネット予約はこちら

グッチの毛皮禁止

こんにちは北浦です。

先日イタリアの高級ブランドGUCCIが2018年から動物の毛皮の使用を禁止しました。

毛皮の使用に反対する国際連盟FFAに加入しました。


カルバン・クライン、アルマーニ、ラルフローレンなど有名ブランドも毛皮の不使用を表明しています。








海外ではかなりメジャーな活動ですが日本ではまだまだ進んでいません。
恐らく日本人の「見栄っ張り」な国民性がフェイクファーへの偏見を生んでいるのだと思います。

もう時代遅れな感じはしますね。

FFAはGUCCIのサポートにつくと宣言しています。

特にデザイナーが変わって話題性の強いGUCCIが参加したことによってファッション業界全体が少し変わっていくんじゃないでしょうか。



日本も少しでもそういったことを考えたほうがいいと思います。
といっても僕もファーの帽子を持っていますが、、

難しい問題です。

北浦でした。


2017.11.02
チェルシー 店長 北浦 慎也

HOT PEPPERでのネット予約はこちら

Chaos/Balance

こんにちは北浦です。

先日大好きなブランドUNDER COVERの作品集の発売を記念して原宿bookmarkで展示会を開催していたので見に行ってきました。




写真集は2013-2014秋冬から2015-2016秋冬までの5シーズンを写真家の水谷太郎さん自ら製作チームに入って撮影したものです。
ルックはもちろん裏側まで見れます。

ショーに至るまでの写真を約150枚掲載しています。

デザイナーの高橋盾さんらも多数登場し見応えは抜群です。




発売を記念して数量限定で作品を題材にしたスウェットやTシャツも発売します。

本やアイテムはアンダーカバーの各店舗や代官山の蔦屋書店でも販売されているのでぜひ。








北浦でした。


2017.10.24
チェルシー 店長 北浦 慎也

HOT PEPPERでのネット予約はこちら

今シーズンのファッションアイテム GUCCI

こんにちは北浦です。

今シーズンのファッションアイテム、もう何か手に入れたでしょうか。

急に寒くなってきたので困りますね、、
僕はコートやスウェットを手に入れました。

早くから目を付けていたのでよかったです。

中々手が出ませんが気になるブランドはやはりGUCCIですね。





今季からウィメンズにメンズ作品を加えてコレクションを開催しました。

全部で119ルック。

かなり力の入ったシーズンです。

テーマは「錬金術師の庭」







ストリート、ゴシック、フォークロア、、様々な文化やジャンルをミックスし共存させたコレクションとなりました。

まさに錬金術。

ロゴのヘアバンドやリボン、ビジュー、フラワープリント、フォークロアなヘッドピース。

デザイナーアレッサンドロ・ミケーレのルール無用なスタイリングに魅了されますね。

個人的には可愛らしいプリントのニットが気になります、、

ぜひチェックしてみてください。

北浦でした。




2017.10.17
チェルシー 店長 北浦 慎也

HOT PEPPERでのネット予約はこちら

ペイズリー柄

こんにちは北浦です。

暑いですね。

とても暑い。


夏のコーディネートにも少し飽きてきましたね。

そんな時は小物でアクセントを。夏はやはりペイズリー柄が気になります。




19世紀にイギリスのペイズリー市で量産された事からこの名がつきました。

ミドリムシやゾウリムシなどの原生生物、草木、花がモチーフとなり人間に安心感を与えると考えられています。


イタリアのブランドETROがペイズリー柄を使う代表的なブランドです。

上の写真も僕の私物でコムデギャルソン、ETRO、その他は古着のスカースです。


首や腕に付けても、バックにつけてもいい。

アイテムの少ない夏のコーディネートに柄物は必須です。

暑い日がまだまだ続きますが少しアクセントを付けてもいいかもしれません。


北浦でした。


2017.8.8
チェルシー 店長 北浦 慎也


HOT PEPPERでのネット予約はこちら

RED

こんにちは。北浦です。


暑い日が続いていますが、ショップはファイナルセールで賑わっています。

そんな中、もう既に秋冬アイテムも揃ってきています。


トレンドカラーなどありますが、個人的に気になるカラーが





RED

赤です。


秋はやはりファッションの秋。

ファッション好きには何とも大好きな季節。


そんな秋をポジティブに楽しむのに先取りしたいカラーは赤です。











今季は全身レッド。


イヤリングやバック、足元まで。

フェンディーやセリーヌ、シャネル、ジバンシィなどトップブランドが赤のアイテムを中心に。

赤自体にインパクトが強いのでレースやサテンなどフェミニンな素材やデザインが多いです。


軽やかに着こなせば赤が占める面積が多くても女性らしい着こなしに。





僕も大好きな色です。


秋に向けて少しずつ買い足していきます。

北浦でした。


2017.8.4
チェルシー 店長 北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

Hender Scheme

こんにちは北浦です。


7月に入って更に暑くなってきました。

梅雨ももうすぐ終わり夏が近付いています。


セールも始まっていますがそろそろもう薄着に飽きてきてしまいました、、


基本的に夏はTシャツにデニムとかなりラフなコーディネートになってしまいます。

が、そんな時は小物でアクセントを。


今日はその革小物のブランドHender Schemeのお話し。




性差をなくすジェンダースキーマからとったブランド名のHender Schemeは今オシャレさんたちの間で大流行しています。

僕もピックレザーショルダーバック、キーケース、ポーチ、筆箱を持っています1。

靴やキーネックレスはもちろん、ブレスレットや時計、バインダー、うちわ、風車など少し変わった小物もかわいいです。


全て上質なレザーを使ったアイテムは性別関係なく使えるので全ての方にオススメです。

プレゼントなどにもいいと思います。


発売したらすぐになくなるアイテムも多いのでよくチェックして下さい。

北浦でした。


2017.7.12
チェルシー 店長 北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

こんにちは。北浦です。


梅雨ですね、もうすぐ夏ですね。

ジメジメな季節になってきました。


そんな嫌な季節を吹き飛ばすような夏に必要な色





じゃなくて今日は赤についてです。


まあ個人的に赤が好きっていうのが一番です。


そんな赤コーデについて



最近原宿でもよく見るのが真っ赤なロングスカートです。



流行りのロゴTシャツに合わせても負けないくらいのインパクトです。


ひざ下だとクラシカルな雰囲気に。

セクシーで女性らしいな着こなしですがどこか品のあるそんなスタイリングですね。



レトロプリントとの相性は抜群です。

あまりカラフルすぎると本当に古臭いコーディネートになるので色の数は少なく、タイトなスタイルがオススメです。



黄色×赤、、最高です!



エスニックなアイテムに赤はとても映えます。

小物だけでもそれこそ靴下だけでもいいのです。

個人的にエスニック×赤はかなりオススメです。


個人的にも赤がすきなのでこの夏は益々活用しないといけないなと思いました。

北浦でした。


2017.7.1
チェルシー 店長 北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

スウェットスタイル

こんにちは。北浦です。


梅雨も近付き、暑い日が多くなってきました。

ロンTや薄めのシャツだけで外に出てもいいくらいですね。


やはり夏になると気になるのがスポーティースタイル。


ラインジャージやスニーカー、キャップなどアイテムは様々ですがランウェイでもオフランウェイでも注目なのが、やはり

スウェットスタイルです。





こちらはBAND OF OUTSAIDERS。


コレクション会場がストリートかと思わせるくらいほとんどのスタイルがストリートスタイルでした。

カレッジロゴのような文字が入ったパンツはスタイル全体を懐かしい雰囲気に。

トップスをインしてダサい、かわいいスタイルです。





ALEXANDER WANGはスポーティーなのにどこか女性らしいスタイルです。


野暮ったく見えるスウェットですがショート丈、ピンクなどのカラーを選べばフェミニンなイメージに。

黄色のレースのショートパンツもポイントになっています。


着こなしやカラーで色々なスタイリングでスポーティーにもモードにも見えるスウェット。

ぜひ夏のポイントアイテムにしてほしいと思います。


北浦でした。


2017.5.26
チェルシー 店長 北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

MARTIN ROSE

こんにちは。北浦です。

先日お店でも春夏のトレンドセミナーがありましたが、ファッション業界はもう次の秋冬モードに。


完全に個人的にですが今度の秋冬の注目ブランドは、MARTIN ROSEです。

昨今のファッション業界で一番話題なデザイナーはバレンシアガのデムナ・ヴァザリアというのは以前のブログでも書きました。

そのデムナの元でバレンシアガのメンズウェアも手掛けるのがマーティン・ローズ。



今の90年代のムーブメントを打ち出し、代表アイテムとも言えるワイドパンツにテーラードジャケットを合わせています。



ブランド名にもあるバラのネクタイもトレンドになる事間違いなしだと思います。

ロンドンコレクションではNo. 1の注目コレクションだったそうです。


東京でも少しずつ取り扱うショップが出てきました。

ぜひ探してみてください。

北浦でした。


2017.5.16
チェルシー 店長 北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

MAD STORE

こんにちは北浦です。

もうあまり冬物を着たくなくなる季節になりましたね。

最近またこの小物が欲しくなってきてしまっています。

いつも何かほしいなーと思うとここにいきます。






UNDER COVERのセカンドラインや雑貨などを扱うショップMAD STOREです。

セカンドラインのジョンやスー、ギルアップルのグッズなど比較的手を出しやすい価格帯がお店に多く並びます。

元々は渋谷のPARCOに入っていたのですがPARCOが工事のため今はラフォーレ原宿が一番近いですね。

先日僕が購入したのは飴です。

舐める飴です。




なんとサクマドロップとコラボです。
ミント、グレープフルーツ、ピーチの三つの味が選べます。

PSYCHO CANDYのロゴがかわいいですね。
味は普通に美味しいです。

そしてバックに付けているマイメロのキーホルダー。

マスクで顔を隠しているのが特徴です。サンリオとのコラボ商品は人気でキティーちゃんキーホルダーもかわいいです。


メジャーや手持ち鏡、ポーチやステッカーまで様々な雑貨や服が並ぶMADSTORE。

CHELSEAの帰りにぜひ。

北浦でした。


2017.3.17
チェルシー 店長 北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

オーバーサイズシャツ

こんにちは。北浦です。

春一番が吹いて本格的に春が来ている感じがしています。

今年の春そろそろ何を買おうか悩んでいる頃ではないでしょうか。


ということでご紹介します。


今年は迷ったらこれ。





オーバーサイズシャツです。

今年は特にスリーブに特徴があるものか変形デザインのシャツが流行しそうです。




ポイントなのはやはりサイズ感と形です。


だらっとしないのはハリのある質感のおかげです。

肩を落としたり襟がないものも多数見られます。

柄はストライプ、色はブルー系が多いでしょうか。




デザイン性が高いのでボトムはシンプルなものが多いですね。

個人的にはやはりブルーデニムで着崩すのが好きですが、スラックスやスキニーでカチッとするのもいいと思います。


着こなしは自由ですがシャツの片方をパンツにインするのが流行です。

バレンシアでそういった着こなしがあり、敏感な人はもう取り入れています。


春夏物も増えてきてまだアウターが多いかなーといった感じですが、すぐにシャツやTシャツなど薄いものも出てきます。

今のうちに欲しい物はチェックしておくといいと思います。


北浦でした。


2017.3.9
チェルシー 店長 北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

デニム

こんにちは。北浦です。

去年のトレンドから引き続き注目なのがデニムです。

90年代ファッションがトレンドな今も様々な形、色のデニムアイテムが見られますが、春夏は更に加速しそうです。









日本でも大人気のOFF WHITEのデニムは斜めに取り付けられたジップのデザインが印象的です。

ブルー×ホワイトの変形トップスにやや薄めのデニムを合わせて爽やかな印象ですね。

太すぎず細すぎないシルエットもOFF WHITEらしいですね。

今シーズンは深海、アビスのようなディープブルーがポイントです。

sacaiは横に広がったショートデニムを。裾のデザインとトップスはディープブルーとホワイトの定番

ボーダースタイル。

ど定番ですがパンツはやトップスのデザインでここまで雰囲気が出るとは、、

去年に引き続き袖や裾のデザインはポイントみたいですね。

ダメージや変形、デニム×デニム、異素材ミックスやパッチワークなどデニムの種類でも様々なスタイルが見れた今シーズン。

春に向けてお気に入りのデニムを見つけたいですね。

北浦でした。

2017.2.8
チェルシー 店長 北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

J.W.ANDERSON

こんにちは。北浦です。

お正月の暖かさは一転して、雪もチラつく寒さ、そして、今日は4月並みになるそうですね。


さて、そんな中、ファッション業界は、早くも来年のSSコレクションが始まっています。

情報はネット、特にSNSで見れるようになっており、コレクションも遠く離れたパリ、ニューヨークからリアルタイムで楽しめます。

まだ、データとしてないので、今年の春夏、秋冬まで注目のブランドを。







J.W.ANDERSONです。

デザイナーのジョナサン・ウィリアム・アンダーソンは去年からLOEWEのクリエイティブデザイナーに就任し、特に注目を集めています。

僕も彼がデザインしたLOEWEが大好きで毎シーズンチェックします。

中々高くて手が出せませんが、、

今年のSSはかなりチャレンジしたシルエットが多かった気がします。
ヘンリー8世時代の女性が現代の世界を旅し様々なカルチャーに出逢う

というストーリーを描いたみたいです。


量感たっぷりのフォルム、袖や裾の詰め物やギャザーが独特のボリューム感を生みます。

ドラゴンプリントや人体の筋肉、カジキマグロ。

謎めいた彼のイメージが具現化していますね。


やはりロンドンコレクションはインパクトです。

そんな中でインパクトだけでなくシェアしやすいアクセサリーなども提案してビジネスとしてもうまくやっているみたいです。

こちらも中々のお値段ですが挑戦してみたいです。

またレポートしますね。

2017.1.30
チェルシー 店長 北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

PINK

こんにちは。北浦です。

正月ムードも終わり、通常の生活に戻ってきました。
街もセールが終わり始め。どんどん春夏モードに。

そこで、今回は春に買うべきアイテムのカラーをご紹介します。

インターカラーが発表したトレンドカラーは「Greenery」。

もちろん黄色と緑を混ぜたような淡い色です。

もちろんこちらもトレンドとしてたくさんのアイテムに使用されていましたが、来シーズンコレクションで見られたのが断然ピンクです。








特に濃いめのピンク。
可愛いだけでない印象深く、力強いピンクです。

紫や赤、オレンジなど暖色系も多く見られ大人なヤンチャガーリースタイルがトレンドになりそうです。

毎年ポイントで使うことはありましたが、ここまで全身ピンクというのも珍しいです。

レトロ、クラシックスタイルと合わせて新しい雰囲気、ボタニカル柄と合わせて可愛いく、今年のトレンドと相性がいいピンク。

アイテムとしてレースやリボンなどが使用されているのも一つの原因かもしれませんね。

中々全身ピンクは難しいかもしれませんが、ポイントで使ってあげるだけで今年ぽくなると思います。

僕も挑戦しようと思います。

北浦でした。

2017.1.20
CHELSEA

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

ジェンダーレス。

こんにちは。北浦です。

マフラーや手袋など本格的に冬ファッションの季節。


しかし、もう2017年春夏のアイテムが入荷している所も。


今日は、来年春夏のトレンドについてです。



去年くらいから本格的な流行だったジェンダーレス。

それが来年はまた本格化。


今までとは違い、来年のジェンダーレスは、

ジェンダーレスなのに女性らしさの表現が追求されている気がします。


そんな中、注目したのが




スーツルックです。


一見、男性的な印象ですが、今季のスーツルックは、


レイヤードやウエストマーク、オーバーサイズなパンツなどフェミニンな要素が垣間見えます。



スカートスーツやパットで誇張されているショルダーも新鮮ですね。

来年は一段とスーツスタイルの女性が街で見られると思います。



次に注目なのが、シャツスタイル。


こちらもやや男性的なイメージが強いですが、来シーズンは極端なサイズ感が多く見られました。



ブルー、ホワイトをメインに襟や袖のデザイン、柄はストライプが新鮮です。


ボタンを掛け違えたり、肩を落として着たり、スタイリングでも差が出ます。


個性的なデザインな物でベーシックスタイルから脱却し、


自分だけのシャツスタイルがトレンドになってきそうです。


スーツや、シャツ。


ジェンダーレスは今や当たり前のスタイルになってきています。


個人的にはすごくいい流れでこのまま定番化し、


そのうちレディースもメンズもごちゃごちゃになってきてもいいんじゃないかなーとも思います。


北浦で
した。
2017.1.4
CHELSEA 店長 北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

 

アニマル柄。

こんにちは。北浦です。

寒い日が続きますが、ファッション業界はもう春夏モードに。

コレクションももうブックとして販売していますね。
少しですが一般紙にもちらほら。

そこで少し早いですが、来年の春夏のお話です。

今年のトレンドカラーや着こなし方、柄などもちろん一つではないですが、
ブックを見ていると色々なトレンドがみえてきます。




年春夏にまず注目なのがアニマル柄。

着るだけで主役級のインパクトのあるアイテムです。

ここ数年ずっとトレンドとして君臨し、未だに冷めませんね。





やはり人気のレオパード柄。

アウターなどに抵抗がある場合は靴やカバンなど小物から取り入れるといいですね。
ゼブラ柄も同じく人気です。

アウターやワンピースなどメインで使用するメゾンが多かったと思います。





柄の他にアニマルモチーフのアイテムも多く見られました。

先々月のginzaでも取り上げられていましたが、猫モチーフが今年から大流行しています。

猫バックや猫ワンピース、猫Tシャツなどイラストタッチやアニメタッチの物まで
幅広く展開しています。

中々チャレンジしづらいところもありますが、僕もここら辺からなら始めてみようかなと思います。

少しずつチェックしていきましょう。

北浦でした。


2016.12.9
チェルシー 店長 北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

QUOTATION

こんにちは。北浦です。

今日は、僕がいつも買っているコレクション本をご紹介します。



QUOTATION


2008年創刊のこちらの雑誌。

世界のクリエイティブシーンでは何が起きて、
どんな人が活躍していて、
どんな展覧会が開催されているか。

国境やカテゴリーがないように、
メディアにこだわらず雑誌やWEBを中心に展開されています。

様々なクリエイティブを色々な角度から特集しています。




基本的にはコレクション本として購入する事が多いです。

もう既に来年の春夏のコレクションが掲載されています。

こちらに関しては、また次からのブログで紹介していきます。




有名デザイナーさん達のインタビューがぎっしりです。

今回のコレクションについてや全体の流行、今後の活動などについてもお話しされています。

ファッション好きにはたまらないですね。


僕も必ず毎シーズン買っています。

もちろんネットの方が早く情報を手に入れられますが、
やはり紙ベースでゆっくり読みたい昭和生まれです。


お店にもあるのでぜひ。

北浦でした。


2016.12.3
チェルシー 店長 北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

オレンジ。

こんにちは。北浦です。

そろそろ寒くなってきて、街も本格的に「冬」 ファッションに染まってきました。

トレンドは様々ですが、やはり抑えておきたいのはトレンドカラーですね。

インターンカラーという世界のトレンドカラーを決める組織では、
今年はエアリーブルーという冬なのに薄めのブルーがトレンドとされています。


もちろんメゾンもこのカラーをメインに
考えています。

しかし、必ずしもそのカラーが日本で流行するとは限りません。

今ストリートで流行っているのは、



オレンジです。

どこでもいいんです。
アウターでも、パンツでも、小物でも、どこかにオレンジがあると今年っぽいです。

春夏に流行したVETEMENTSの影響が大きいでしょう。
日本でもアーティストやモデルがVETEMENTSの袖の長いロングTシャツを着ていました。

ブルーやグレーなどに混ざって、
実はかなりありますオレンジ。






基本的に鮮やかな物が多いですが、一番下の写真のように少しくすんだ感じのオレンジも気になります。

中々挑戦しづらいですが、まず小物らへんから始めるのもいいと思います。

僕もオレンジのパンツを探していますが、
似合わなそうなので検討中です。

ただトレンドカラーを調べるよりも春夏からの流れや、ストリートを見て感じてみてもいいかなと思います。

暗くなりがちな秋冬スタイルですが、今年は明るい、鮮やかな傾向です。

ぜひご参考までに。

北浦でした。

2016.11.4
チェルシー 店長
北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff

オールブラック。

こんにちは。北浦です。

今年のトレンドカラーについては、ブログにてお伝えしましたが、
実際このコレクションで目に付いたカラーコーディネートは、オールブラックだと思います。



多くのメゾンがオールブラックのルックを先頭に持ってきていました。

リバーサイド、エアリーブルーとブルー系が主流のはずですが、やはり秋冬は黒が多いですね、、

上のCELINEも旬の襟抜きとニットコートとレギンスで質感を調整してますが、やはりオールブラック。
コクーンコートも新鮮です。



安定のYOHJI YAMAMOTO。
本当に安定ですね。

オールブラックで勝負したらこの方に勝てるメゾンはいないでしょう。
今年のテーマは「引き算の美学」だそうです。

無駄のないカッティング。
モデルやメイクも含め、どうやったら黒を美しく表現するかを突き詰めていますね。
黒を語る上で欠かせないブランドです。



ANN DEMEULE MEESTERもブラックのスタイルが主流ですね。
黒い壁に白のペイントをしたようなイメージ。

こちらもファーやニットなどを組み合わせ違いを。
会場の壁や床もブラックにしてより白が際立つように。
アクセサリーなども統一して黒を。
相反してブロンドのヘアが◎

やはりどこも見せ方や合わせ方が独特ですね。

ぼくも好きですが、オールブラックスタイルをする際は、少し一捻りしてコーディネートしたいですね。

北浦でした。

2016.10.06
チェルシー店長 北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff/

前髪。

こんにちは。北浦です。

たまにはヘアのお話しを。
けれどランウェイを絡めたトレンドのお話しです。

最近のランウェイで気になったのが前髪です。

たった数ミリでも印象が変わってしまう前髪。
ランウェイを歩くモデルさんたちはかつては長くして分けるか一つに結んでいました。

しかし、今年は様々な形の前髪が目を引きました。



写真のように不揃いなザクザクとしたバングがトレンドのような気もしました。
短めのバングに太めの眉で可愛さの中に凛々しさを持った女性像に。
ウェットの質感ではエレガントに、ドライだもエッジィに。
子供の前髪を連想させるのでベビーフリンジと呼ばれているそうです。

ショートバングは多く見かけますがここまでザクザクした質感はあまりいないですね。



目が隠れ気味のスタイル。エッジィで少しシャイなイメージです。
ラインが強調されないのでどんな顔立ちでも挑戦しやすいです。
70年代の気だるい雰囲気になるのでレトロファッションにぴったりです。

なるべくペタッとしないようにスタイリング剤もしっかり使いたいですね。



スクエアバングやウェーブなバングも見られました。



よりデザインも幅広く進化しています。

挑戦出来るものもあると思います。
ぜひコレクションもチェックしてみてください。

北浦でした。

2016.9.30
チェルシー店長 北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff/

2016awトレンドカラー

こんにちは。北浦です。

今日は今年のトレンドカラーについて。

まずトレンドカラーってどうやって決まっているか知っていますでしょうか。

実は、トレンドカラーはある団体が決めています。
インターカラー(国際流行色委員会)という約20カ国からなる団体がシーズンの2年前にトレンドカラーを決めています。

主に生活意識、経済、今後のテイストを予想して決めていきます。

例えば、オリンピックの年などはスポーツスタイルなどを中心に考えていきます。
リーマンショックやバブル崩壊などのシーズンは暗い色など。
昔のトレンドカラーなどを遡るととても面白いです。

ちなみに日本はまた別のJAFCA(日本流行色協会)がインターカラーの流行色を参考に日本のトレンド用に決めていきます。

さて今年はどんなカラーが流行するのでしょうか。






今年のトレンドカラーはズバリ「エアリーブルー」、「リバーサイド」



明るめのブルーです。

デニムですね。

この秋冬もデニム人気は継続です。
70′sがトレンドの今デニムは切っても切り離せないアイテムだと思います。

もちろんこれが全てではないですが秋冬の買い物の参考になればと思います。

北浦でした。

2016.9.13
チェルシー店長 北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

代表 柳澤 & 店長 北浦 & スタイリスト武田・福島ブログ
http://www.chelsea-tokyo.com/staff/

スタッフスナップ デニム。


こんにちは。北浦です。

今日はスタッフスナップ。
それぞれお気に入りのデニムを履いてきてもらいました。

まずは右から鈴木くん。

若い子を中心に人気のクラッシュデニム。
薄い色とクラッシュで90sの雰囲気を。
トップスとスニーカーをモノトーンでまとめて全体をタイトに仕上げました。
細身なのでカジュアルになりすぎないでいいですね。

リーバイスのデニムです。

次に、武田くんはネイビーのデニム。

ベーシックなカラーですがテーパードが効いていて今年らしいです。
全体をネイビーで統一して流行りのガチャベルトでワンポイントを。

デニムはUNUSEDです。

福島さんはロングスカートをチョイス。

ハイウエスト気味にしてデニムの面積を増やして統一感を。
サンダル×ソックスで夏らしさも忘れません。

タイトなデニムスカートが流行の中個性が映えるアイテムです。

最後に、僕はリーバイスのフレアデニムです。

メンズサイズではあまりありませんし正直履いている人もほとんど見たことがありません、、
まあそれはどうでもいいです。
70sが流行の今、メンズでもフレアデニムは新鮮だと思います。

ロングブリムのハットと合わせるのがマイブームです。

今回はみんなかなりバラバラでしたね。
秋冬も流行の中心になりそうなデニム。

自分なりの合わせ方をしたいですね。
北浦でした。

2016.9.5
チェルシー  店長  北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

TOXGO。

こんにちは。北浦です。

最近は、秋冬のために買い物を控えよう、、
と思ったのですが、お気に入りのショップが出来てしまったので、そうもいきません。



TOXGOという原宿のとんちゃん通りにあるショップです。
原宿の人気の古着屋KINSELLAと池の上のminnanoが共同で作ったお店です。

海外のブランドと古着がメインのこちらのショップ。
少し偏った、こだわりのあるセレクトがツボです。



こちらはTHE GOOD COMPANYというニューヨークのブランドです。
日本ではここにしかないのではないでしょうか。
ポップなプリントが目を引くアイテムです。



こちらはSM嬢のプリント。
必ず突っ込まれます 笑



こちらは古着です。
「The New York Times」

お馴染みニューヨークタイムズのTシャツです。
実は昔はこのold englishだったそうです。

小さめの文字がかわいいですね。
最近はこのバックを愛用しています。
イギリスのスーパーのトートバッグだそうです。
本当にユニークなセレクトです。

他にはないブランド、セレクトです。
ぜひ一度行ってみてください。

北浦でした。

2016.8.20
チェルシー  店長
北浦 慎也


Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

VALENTINO表参道。

こんにちは。北浦です。

表参道ヒルズのVALENTINOが先日オープンしました。
大理石の柱が印象的なこちらはまるで宮殿のようなショップです。





一階がウィメンズ、二階がメンズとなっていてもう早くも2016秋冬物が並んでいます。
カモフラージュ柄、スタッズ、タイダイとミリタリーテイストが強いコレクションになっています。





一番の目玉はデニムのカスタマイズサービスです。

「メイド トゥ メジャー」というこのサービスはスリム、レギュラー、チノの3パターンからベースを選び、好みのポケットの裏地、ステッチ、レザーパッチ、ボタンを選択出来ます。

仕上がりは2ヶ月弱かかるそうなので早めにオーダーしたいですね。

これでついに表参道ヒルズもリニューアル完了ですね。
CHELSEAの帰りにぜひ。

北浦でした。

2016.7.26
チェルシー 店長 北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

スタッフスナップ ワイドパンツ編

こんにちは北浦です。

今日のスタッフスナップは、「ワイドパンツ」です。

ゆるくて楽チンなワイドパンツは今年の大トレンドです。
コーデ次第でカジュアルにもドレッシーにもなります。



右から鈴木くん。
夏らしいボーダーのTシャツに黒のクロップドワイドパンツを合わせています。

足元もtevaで爽やかに。キャップを被って小物使いが上手ですね。

ワイドパンツはHAREです。

次は、武田くんです。
流行のアローズのオープンカラーシャツにエフィレボルのワイドパンツを合わせています。
色味を極力抑えて大人っぽい印象に。

よっぽど鈴木くんが好きなんでしょうか、、完全に右を向いています。

次は、福島さん。
ベージュのカットソーにインディゴのパンツ。
流行の兆しです、ガチャベルトがアクセントになっています。
最近髪をバッサリきりましたので、また少し違う雰囲気になりますね。


パンツは大人気のGUです。

そして、最後に僕です。
黒のニットカットソーに古着のリーバイスのパンツを合わせました。
少し色が寂しかったのでオレンジのバンダナを。シンプルが一番です。プラス小物でアクセントに。


チェルシーはスキニーよりワイドパンツ派が多いですねー笑
人気のストリートスタイルにはやはりワイドパンツを合わせないとですね。

北浦でした。

2016.7.9
チェルシー 店長 北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

2016awトレンド。

こんにちは北浦です。

先日のブログでトレンドの生まれ方について書きましたが、今日は早速2016年秋冬のトレンドを。



さて、今年の一番のキーワードが
「スポンテニアス」

スポンテニアスとは[自発的な]という意味です。

概念にとらわれず、自由なコーディネートを楽しむスタイルの事です。





ノームコア[究極の普通]の反動で自由なスポンテニアスが流行の予感です。

今年の春夏で流行のタッキースタイルもスポンテニアスと言っていいですね。
2way、3wayと色々な着方が出来るアイテムが多く見られました。

ファスナーを開けるか閉じるか、紐の結び方などあえてのズレやアシンメトリーもトレンドの予感です。

多くのデザイナーが交代した今年。トレンドも少しずつ動き、全体としてはその名の通り自由なコーディネートが増えトレンドが薄くなってきている気もします。

まだ少し早いですが、秋冬トレンドにも目を向けなくてはいけませんね。

北浦でした。

2016.5.7
チェルシー 店長 北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo

トレンドについて。

こんにちは北浦です。

先日お店でトレンドセミナーをさせて頂きました。

四月から鈴木くんも入社したので改めて今年の春夏のファッション、ヘアのトレンドを発表。
もう秋冬のコレクションも終わっているので今回はトレンドの生まれ方に関してご紹介します。



さてトレンドとはどうやって生まれるのでしょう。

自然発生?

違いますね。
これは実はもう何年も前から決まっているんですね、、

まずはインターカラー(国際流行色委員会)という日本も含めた世界の14ヶ国の代表が約2年前に流行色、トレンドカラーを決めます。
もちろん日本も入ってますよ。むしろ発起国なのです。

とても誇らしいです。

次にトレンド会社なる物がそのトレンドカラーを元に生地や、柄、プリント、スタイリング方法などのトレンドを決めます。

主にパリに会社があります。

さすがパリ。

そして各ブランド、、ではなくて生地の展示会があります。
主に糸などの展示ですね。

そしてメゾンに。
ようやくデザイナーの出番です。
もちろん個々のブランド個性はありますが実はもうトレンドは決まっていてそれを元にデザインするんですね。
パリ、ミラノ、ニューヨーク、ロンドンの四大コレクション。
東京やマドリードもそれに続きます。

そこでようやく僕ら消費者がトレンドを把握します。
まさか2年も前から決まっているとは思わないですよね。

特に世界の情勢などがトレンドに影響してきます。

わかりやすいところだとオリンピックがある年はかならずスポーティーテイストがきますね。

今年もそうです。

そうやってトレンドを追っていっても面白いですね。

少し長くなってしまいましたがトレンドがどうやって出来ているのかを説明させて頂きました。

もちろんこれが全てではないですし意外な物が流行ったり、日本だけでのトレンドになったり読めない部分もあります。

だから面白いですよねファッションは。

これからもしっかりトレンドを追って自分なりのファッションを楽しみたいと思います。

ヘアのトレンドにもしっかり落とし込んで、ヘアスタイルの提案もしていきます。

北浦でした。

Official

http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter

https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook

http://www.facebook.com/chelseatokyo

2016.04.29
北浦慎也

VETMENTS。

こんにちは北浦です。

今年のファッショントレンドを語る上でこのブランドなしでは語れません。

「VETMENTS」

フランスのデザイナーデムナ・ヴァザリアが2014年に設立したブランド。

2009年には東京コレクションでマルタンマルジェラのデザインを担当したこともあります。
元マルジェラのチームだけあって日本の綿やフランスのフリースなど厳選素材しか使わないこだわり。



オーバーサイズのデザインが特徴的で今のトレンドとマッチしています。
ロックやラップなどの音楽面でもコミックやアニメなどのコミカライズでも、
様々な異なるカルチャーをミックスした雰囲気があると思います。




そんなヴェトモンが注目され始めたのは、
やはりバレンシアガのクリエイティブディレクターに就任してからでしょう。

ミニマルなバレンシアガとオーバーサイズなヴェトモン。
コレクションもクラブのような雰囲気の会場で披露したヴェトモンの服を見せるために
他の環境を極力抑えていたバレンシアガ。
見比べても極端すぎて面白いです。

ユースカルチャーがまだまだ流行し続けそうな日本。
ヴェトモンのような遊び心があるメゾンの方が流行りそうですね。

これからも期待です。
北浦でした。

2016.4.25
チェルシー店長 北浦 慎也

Official
http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter
https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook
http://www.facebook.com/chelseatokyo


 

2016ssメイク

こんにちは、福島です!

まだまだ寒い日が続きますが、
本日は春夏のトレンドメイクを(^^)

北浦店長のブログにもありましたが、
2016ssコレクションでは「ランジェリー」「シースルー」「レース」といった肌を見せるフェミニンなモチーフが目を引きました。



そんな中、印象的だったのが
品の良い、透明感のある肌。
ベースメイクです。
肌の透けるレースやシフォンだからこそ、ヘルシーで滑らかな肌質がマストに思えますよね。

あとはやはり、赤リップ


毎年のように流行する赤リップですが、
今季はカラーの二極化。

エネルギーに満ちた、意志のある女を表す「ピュアレッド」と
少しくすんだベリーカラーの
「ワイルドレッド」
縁取らずに指でサッと塗るのが少し男性的な、ワイルドな印象です。

何となくの赤リップではなく、
そこに意味を持たせたメイクも素敵ですよね。

この春、どのブランドも赤リップが豊富ですよ◎
単なる赤リップでも、その日の気分やファッションによって使い分けたり色々楽しめそうな今季です(^^)

福島でした!

Official

http://www.chelsea-tokyo.com

Twitter

https://twitter.com/chelseatokyo

Facebook

http://www.facebook.com/chelseatokyo

©2010 CHELSEA ALL RIGHTS RESERVED.